今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間で再発、そして痛みとの闘い

めめのリンパ腫は、体表面のリンパ節が複数腫れてくる、いわゆる「多中心型」と呼ばれる形でした。
中~高分化型で、悪性度は低めであったにもかかわらず、2度にわたる細胞診の結果は
(かかりつけの先生いわく)、歯切れの悪いもの、でした。

1週間の入院の間から、めめはブプレノルフィンというオピオイド系の鎮痛剤を使うことになりました。

実は、退院の翌日、めめの体調はひどく悪化したのです。
体調が、というよりは、痛みだったのでしょう。瞳孔が開き、呼吸と心拍が恐ろしく早くなり、
ぐったりとしてしまいました。その夜は覚悟したのですが・・・
翌日、痛みどめを再度注射してもらいに行き、ようやく落ち着きました。

手術の前にL-アスパラキナーゼ、アドリアマイシンを使ったせいもあるのでしょうし、
手術の麻酔の影響もあったでしょう。
それ以前に、めめも若くはない年で、正常値ではありましたが、ここにきて一気に腎臓の数値も
悪くなりました。

BUNやクレアチニンは、正常から逸脱しては正常値に戻る、という繰り返しになってきました。
こうなると、痛みどめも、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症剤)は、腎臓に負担をかけるため使えません。
ブプレノルフィンはNSAIDsよりも強いはずですが、入院中から、どことなく効きが悪い気がしていました。
それでも、それと、ステロイドで押さえていくしかない、という感じでした。

かかりつけの先生と、T病院の間で私がやりとりをして、今後の治療を進めていきたいという希望だったのですが、実際には、薬の考え方の違いもあり、悩ましい日々でした。

恐れていた・・・というよりは、ほぼ、思った通りだったのですが・・・
退院1週間目には、傷跡の下から、リンパ節の無残なふくらみが感じられるようになりました。
とり切れていないのは仕方がないとはいえ、こうも早く再発か、と思わずにいられませんでした。

そして、そこから先は、めめは腫瘍とではなく、痛みと戦うことになった、と私は思います。

腫瘍専門の先生は、痛みのコントロールには、腫瘍の制御がどうしても必要だと考えていました。
そのため、術後に抗がん剤治療を急いで再開したいという方針でした。
腎臓のこともあり、ようやく術後落ち着いているところなのにという思いは、ぬぐえませんでした。

それとともに、抗がん剤はたぶん、少しも効かないだろう、それよりももう、痛みをとることだけを
集中して行っていきたい、というのが私の考えでした。
そのあたりも、2度にわたり先生と話をしたのですが、なんとなく私の思いがうまく伝わらないという感じがありました。

かえって、かかりつけのH先生のほうがよくわかっていてくださいました。
それは、そうですよね。15年もお付き合いがあり、何度か私の子どもたちを看取ってもくださっていて、私の考え方を一番よく御存じなのですから。

すべの治療を、かかりつけの先生のもとで行えないことが、歯がゆかった。仕方ないとはいえ。

そして、何より、痛みどめや抗がん剤、その副作用を抑えるための薬、
まるで調剤薬局の棚を持ってきたみたいな我が家の台所(レイちんも複数の薬を飲んでいるため)

とにかく、私の仕事は、めめの体調を悪化させないこと、そのために、服薬管理と副作用の監視、
効き目を見定めること・・・

そして、毎食の流動食作り。

胃ろうに慣れためめは、機嫌がいいと、私が流動食を用意して部屋に持っていくと、
膝の上や、暖かいベッドの上で、居住まいを治して、じっと給餌を受け入れてくれるようになりました。
口は通らないけれど、お腹が暖かい食べ物で満たされる感覚は、悪いものではなかったようです。

気が向けば、ひと口ふた口、普通のフードに口をつけることもありました。
本当は、まだまだ口から食べたかったのだと思います。
口をあけて食べ始めてすぐ、痛みで口を閉じて、顔をそむけてしまいます。
その様子が、哀れでした。

なんとか、痛みだけとってやりたい。
ずっとずっと、そのことばかりを考えていました。
関連記事

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。