今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60年ぶりに日本国内でデング熱―地球温暖化の影響?

60年ぶりに国内で「デング熱」感染が確認されたというニュースが出ています。
どういうことなのか、ちょっと見てみましょう。

デング熱は、蚊(ネッタイシマカ ヒトスジシマカ)が媒介するデングウイルスによる感染症で、4類感染症に分類されています。
4類感染症とは、感染症法に基づいて、発症を確認したすべての医師・医療機関が確認次第すぐに、保健所を通じて国に届を出す必要のある感染症です。狂犬病、炭阻、日本脳炎などと同じグループです。
感染症法に基づく医師の届け出のお願い(厚労省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01.html

熱、頭痛、発疹など、ハシカににた症状が出ますが、対症療法しかなく、まれに出血性の症状を表し、死にいたることがあります。
「デング熱」(メルクマニュアル)
http://merckmanual.jp/mmpej/sec14/ch191/ch191b.html?qt=%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1%20&alt=sh

国内では、この60年間感染が確認されていませんでした。デングウイルスを媒介するネッタイシマカは日本には生息していません。ヒトスジシマカは、もともと西日本の蚊で、第二次大戦中に沖縄、長崎、大阪などでデング熱の大規模な感染を引き起こした経緯があります。現在では、北海道と青森県を除くすべての都府県に生息しているようです。
「ヒトスジシマカの生態と東北地方における分布の拡大」(感染症情報センター)
 http://idsc.nih.go.jp/iasr/32/376/dj3766.html

今回、国内で感染された可能性があるのは、ドイツ人の旅行者で、(1)旅行前に感染したとは考えにくい(2)潜伏期間(3)この旅行者が山梨県内で蚊に刺されていると報告―などから、日本国内で感染した可能性がある ということで、「日本国内での感染例」として扱われています。

「デング熱の国内感染疑いの症例について」(1月10日 厚生労働省の通知)
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10906000-Kenkoukyoku-Kekkakukansenshouka/0000034380.pdf
診断までの経緯は、資料の3ページめに詳述されています。

厚労省は、各都道府県に対して、管轄下の医療機関・医師に、デング熱に関する情報提供を行い、デング熱感染が疑われる患者がいた場合は、その患者が蚊に刺されないよう指導するように求めています。
(患者が蚊に刺される→その蚊がデング熱を媒介するから)

デング熱は、人→蚊→人感染なので、犬や猫などのペットは関係しないようです。

地球温暖化で、本来生息しない生物が、生息域を拡大しているといわれています。昆虫では、ツマグロヒョウモン、ムラサキシジミなどの蝶がよく例にとりあげられていますが、ヒトスジシマカもそうなのですね。
「環境を考える 地球温暖化」(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/special/ecology/eco/eco01.html

考えさせられることがたくさんあります。
まずは、蚊に刺されないように、もう少し注意をするほうがよさそうです。
私たち日本人は、蚊に刺されることに、無頓着ですからね。


関連記事

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。