今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後を追わせて「不安退治」

ごきげんキララ


ひらめいた
キララの不安症状をどうしようか、いろいろ考えていたんだけれど、
整いました~! みたいな感じかな。

詰めは、チャーリーママ師匠のこちらの記事
「介入」
http://charliemama.weblog.to/archives/14176082.html

全体は和犬に所属感を持たせる、というお話なので、趣旨からは少しずれます。
私がピンと来たのは、下記のカ所です。
引用させていただきます。

犬が家族の一員でいたいという欲を強く持たせること。

子犬の頃は後追いするという様子が強いですからそれを利用して、
強いることなく後を追わせる(たとえばリードでギューギュー引かないで、むしろゆるゆるにする
または放してしまえる場所で、犬を置き去りにする^^;とか。


これだ、これ。
キララの不安を、上手に方向づけできれば、不安を退治できるかもしれない!

・・・・・・・
おやつくれるですか?

キララの今でている症状的なものを観察していくと、いくつか気がつくことがある。

(1)後追いをする。ただし、べったりくっついていなければならないほどでなく、
私の姿が見えていればOK。

(2)外で不安になっても、オシッコやウンチはできるし、雷や爆竹系の音が
しているのでなければ、おやつも食べられる。

(3)広いところに出たり、家から離れると、不安が増す。

(4)「一目散に」家に帰ろうとするが、パニックになってやみくもにどこかに
走り去る感じではない。家の方角がわかって動いている。

(5)3メートルリードいっぱい離れて、逃げ帰りたがっているときにも、
私がしゃがんで(←ここ大事)きららの視界に顔が入るようにしてやると
しっぽを上げて走ってこちらへ来る。

(6)他の友達が一緒にいたり、近所の人と立ち話をしたりすると
安心するらしく、その場でリラックスしはじめる。

・・・・・・・・・・

要するに、キララの不安感を和らげるシチュエーションが提示されてる
気がするんだよね。

A、「家」は安心。安全な場所と認識

B、「私」を安心、安全な人間と認識

C、「人」が好きなので、人がたくさんいると安心と認識

・・・・・

キララに「させたくないこと」は、

(I)不安でどうしていいかわからない状態を長引かせること
   パニック状態になっていく可能性がある

(II)不安なまま、怯えて逃げ帰らせること
   逃げ帰ることを強化してしまい、散歩嫌いを助長してしまう


キララに「させたいこと」

(i) 自力で歩けて、不安なものは特にないと認識させたい

(ii)不安になったら、自力で逃げ帰るのではなく、飼い主を頼ってほしい。

・・・・・・・・・

集中力!


結論から言うと、やることは

「とにかく、私の後を追わせる」

家の中でも、一室に入れておいて不安でバタバタ暴れ出す前に、
自由にさせて、私の後を好きなように追えるようにしておきます。

結果、少々猫のご飯やらウンチやら喰っちゃっても、許す!

そのかわり、過剰に声をかけず、キララのしたいようにさせる。

散歩時は、できるだけ「家族全員散歩」として、私が麟とクウカイを引いて
先に立って歩く。キララは、おとしゃんに引いてもらい、私の後を
追いかけるように歩かせる。

逆に、おとしゃんが麟とクウカイを引いているときは、私がキララと一緒に
歩き、一緒に走って追いかけたりする。

途中で逃げ出しそうになったら、呼び戻して自力で歩いてきたところで
オヤツ。

ときどき、長めの距離を追いかけてこさせて、すぺさるオヤツ。

どうしても逃げ出すときには、黙って抱いて歩く。

・・・・・・・・・・

歩いているうちに、脳の中にはセロトニンが分泌されるでしょう。
そうすれば、気分は安定してくる。

人間でも、不安退治には「速足ぐらいで歩くこと」が良いとされてる。

たとえば道に迷ったりして不安になった時、目印になるものを
ターゲットに歩くと、不安が解消される。

道を知っている人の後を歩くとか、高い建物を目標にするとか。
大好きな人となら、どんなところも、歩けるよね。

キララの不安な気持ちに「ターゲット」を与える。

ターゲットに向かって歩いていたら、歩けた! という経験を積ませる。

途中で、不安に対抗できるおいしいものや、明るい声かけをする。


キララの不安に、理由があってもなくても、どうでもいいんです。

理由ではなく、行動を使って不安を解消する。

そういう方向で行こうと思います。

(森田療法もこんな方向性だったかな…うろおぼえ)

R0016081.jpg

臨場感重視!







関連記事

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。