今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラリア陽性犬を保護するということ

フィラリア模型

先日、うちのかかりつけのH先生と雑談していて、ハッと気付かされたことが
あったので、メモ的に。

福島の保護された子の50%近くが、フィラリア陽性であったという調査結果が一部にあるとのこと。
(ある獣医さんが、あるシェルターの保護犬200頭前後について調べた結果)

で、H先生が指摘したのは、キララのように、他県に預かりに出ている子のことでした。

「フィラリア陽性の子を連れてくるということは

フィラリア感染源を連れてくるということ

になるからね、十分注意してね」


この言葉は、我が家の同居犬たちの予防を怠らないように、という注意の意味だったのだけれど、
考えたら(いや考えるまでもなくなんだけど)、
これは保護活動としてはすご~く気をつけねばならないこと
なんじゃないか。

キララは、幸い今年はミクロ陰性になりましたが、親虫はまだ体内にいるわけで、ミクロを産生
しているわけですよね。

つーことは、やはり立派な感染源ということです。

キララを蚊が刺したら、その蚊はミクロを別の犬に運んでしまう。

要するに、キララの活動範囲では、キララを通したフィラリア感染の危険性が高まる
ということになるわけです。

キララの予防投薬はもちろんのこと、周囲の犬にも、「確実に予防してね」
重ねて伝えたい。いや、伝えないといけない、ということになるでしょう。


うちでは、去年までキララも麟もフィラリア陽性でした。麟は今年の検査で、ミクロも親もマイナスに
なりましたので、晴れてフィラリアもち卒業です。

2頭のフィラリア陽性がいても、クウカイにはきちんと予防をしているおかげでマイナス。

フィラリア感染は、犬にとってとてもつらいことであるだけでなく、周囲の犬たちの
健康も害する、恐ろしい感染症だということを、忘れてはいけないと思います。

保護っコを抱えたみなさん
フィラリア感染をもった子は、少なくないですね!
「予防もしてもらえなかった」とその子の身の上を嘆くことも多々ありますが…。

「みんなも、確実にフィラリア予防してね」

と伝えて行きましょうよ。


これから先、フィラリア感染した子が、1頭でも減るように。



関連記事

*Comment

なるほど、気が付きませんでした。昔と違って、最近は、フィラリアの仔を見なくなりましたので、そんなに身近には感染源はない気がしてました。言われて思い出しました。仲良しにフィラリア陽性の元保護犬さんがいました。もちろん、それとは関係なしにきちんと予防はしてますが。
  • posted by MAR
  • URL
  • 2012.05/17 19:54分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。