今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月10日 コブ3日目朝

5時半頃起きて、ベランダを開けて見るも、出る気配なし。
今朝はだるそうで、機嫌がとても悪い。

私がベッドの前へ座ると、顔をあげるけれど、無表情。
ベッドに触ると、ウ~っと唸る。

オシッコだけはしてほしいけれど、無理にリードをつけて立たせる必要はないだろうか。
悩むところだ。オシッコだけでも済ませれば、お腹が楽になると思うけれど…。

朝ご飯は、焼いた牛肉を二口。お薬の包みは3つあるので、(パセトシン、フラジール、
ウルソ+プレドニゾロン)全部飲んで欲しいところだが、3口目を差し出すと、ウーっ。

仕方なく、8時頃もう一度トライ。パンを差し出すが、口に入れてすぐ吐き出し、ごろりと
横になる。だるそうだ。
ウルソとプレドニゾロンの包みはどうしても飲んで欲しいので、またあとで。

110810コブちゃん2
8月10日のコブ、険しい顔しています。卵焼きが1つ、転がってます。

9時過ぎ、卵焼きを一切れ、3つに切って持って行く。
一切れ差し出すと、なんとか飲み込んでくれる。
二切れ目に包みをしのばせ、なんとか飲み込ませることに成功。

3切れ目は、やはり一度口に入れて出してしまう。
本当にだるそうで、私がそばを歩く振動が嫌なようだった。

H先生の病院は小さくて、往診はほぼできないんだけれど、どうしてもの場合は、
迎えに行って来てもらうことになっている。
でも、結局、病院でなければ十分なことはできないので、カラーをつけてでも、連れて
来た方がいいんだけどね、と言われる。

バッチフラワーの、レスキューとミムラスをまた、水に垂らしておくぐらいかなぁ。

私の猫の看取りの時もそうだった。
とても人なつこくて、うるさいぐらいの猫だったけれど、最後の1ヵ月は、私がそばに
いることを拒んでいた。あの子は痛みがほとんどなくて、最後まで普通に触らせて
くれてはいたんだけれど。

コブちゃんと私は、もともとの絆ができてはいない。
誰にでもひとなつこかったコブちゃんは、一瞬の幻のような気がしてしまう。
絆のない子を、看取るということは、病院のスタッフと立場としては同じなんだと思う。
淡々と、やることをやらなければいけないんだと思う。

気になっているのは、コブのベッドのシーツが汚れてきていること。
コブは膿のような目やにがひどくて、それがシーツについているみたい。
鼻もガビガビだけれど、拭いてやるのも無理なようだ。
これは、入院先のVTさんも嘆いていたっけ。

呼吸数は、1分間に22~25回。若干速い。
25を超えると、やはり努力性の呼吸で、辛くなるのだそうだけれど、開口呼吸をしてない
のなら、慌てる必要はないという。

自力で動けている間は、床ずれの心配もなし。
ひたすら、薬が少しでも効いてくることを祈る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月18日追記。
コブは、シェルターで体調が悪くなった頃から、とにかく機嫌が悪く、食器に手を掛けると唸る、触ろうとすると咬むという状態だったそうです。にゃんだーで、私が一番すてきだなと思うことは、隊長のぶたまるさんはじめ、犬が唸ろうが咬もうが、誰も叱らないということ。(もちろん、猫だってひっかこうが噛みつこうが、意に介しません…笑)

極限状態を体験しているこの子たちが、唸るとか咬むとか、それは当たり前のことだということを、ごく自然にどのボラさんも心得ていてくれる。それがこの子たちにとってなによりだったと思います。
咬まれるということ、咬ませるということ自体は良いことではないですが、咬まれたボラさんが、咬んだ子をよけいに心配してくれている。コブも、一度も叱られたりしなかったはずです。

ただ、シェルターにいたら「いいよ、ごめんね」で済むことが、自宅ではそうはいかない、ということ。
咬まれようが唸られようが、しなければいけないことがあります。
たとえば、写真のコブちゃんの目の前には食べなかった卵焼きがころがってますが、これを取らなきゃ、この上で寝て汚れてしまうし、暑いから腐ってきてしまう。でも、取ろうと手を伸ばすと、確実に咬まれます。

本当にこの日のコブちゃんは機嫌が悪すぎて、何をしてもウーっと唸るし、それでも何かやろうとすると、ワウワウワウ!と叫びだしてしまいました。そのひとつひとつが、体に負担になってしまう。
食欲がない、遊びたくもない。気をそらすのが難しいのです。ご褒美がきかないって本当に辛いです。

このときは苦肉の策、「アレはなんだ作戦」で切り抜けました(笑)
片手で、あらぬ方向を指して「コブちゃん、あれなんだ!?」と言ってみる。コブがひょいとそっちを見た瞬間に、違う方の手で卵焼きをゲット(笑) 取らせてくれたところで、「イイ子だねぇ~♪」

でもね。本当にこの日は辛かったです。
こちらの好意も、あなたを心配してるのよ、という気持ちも、すべてが退けられたから。

獣医さんとか、VTさんなんかは、この気持ちをものすごく感じてらっしゃるんだろうなぁ、なんて思いました。







関連記事

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。