今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月9日 コブの2日目

一連の記事は、コブちゃんにかかわったボラさんたちに、リアルタイムでお伝えしていたMLの記事をそのまま転載しています。記事の後に、追記が入ったりすることもあるかと思います。
コメント欄は開けません。ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
110809朝ウンチングコブ

8月9日朝 ベランダでウンチングしているコブ
コブの鼻先にあるのは、めめたんこが仕留めた蝉さん


明け方、コブがごそごそ歩き回る音がする。ときおり水をカプカプ音をさせて飲む。
口をパクパクさせて、何か不安げにも見える。
ベランダへの戸を開けると、ふらつきながら出て行き、すぐにゆるゆるウンチをする。
お腹が痛かったのかもしれない。

そういえば、入院していた動物病院でVTさんが、お腹がとても緩いと言っていたっけ。
といっても、入院後ほとんど便通がなく、8月7日に、下痢をしたので、下痢止めを打ったとのこと。
下痢止めはほとんど効いていないらしい。

ウンチの後、ベランダを歩いて行き、丁度そこにあったモップに、オシッコを大量に
ひっかける。やっぱり黄色みの強いオシッコ。
それから、またしゃがみ込んで少しウンチ。

終わると、疲れたのかしばらくベランダにへたり込み、外を眺めている。
本当は外へ出してトイレさせてやりたいけれど、抱き上げるのを嫌がる&今の私には
リードすらつけさせないだろうから、こうやってベランダでもできるのならそれでいいという
ことにする。

しばらくすると、自分で起き上がり、ベッドへ戻っていった。
ウンチとシッコの後始末後、消毒。
レプトスピラは、石けんでもアルコールでも、なんでも死んでしまう弱い菌だとのこと。


しばらくして、朝ご飯を持って行く。
お腹がスッキリしたのか、焼いた牛肉だとか、レバーのおやつを鶏スープに浸したもの
だとかを、数口食べてくれる。
幸い、薬も、肉に巻いて完食。

110809コブ昼ご飯

昼過ぎ、鶏スープを取ったあとの手羽先の肉や、レバーのおやつを数口。

午後、かかりつけのH先生のところへ相談に行く。
S先生から渡された資料を読んでもらい、コブの様子を話す。

レプトスピラが疑わしいのは、非常に妥当だという。
H先生は、若い頃、大学でレプトスピラの研究をされてたのだそうだ。
重ねて、排泄物などは素手で始末せず、消毒を十分にするように言われる。

コブが、触られるのを極端に嫌がる様子、あと白血球が4万4000になっていることから
肝硬変だけではこうはならない、という。
胆嚢に胆泥がたまりすぎて、胆嚢あるいは胆管が破裂している可能性が高そう。
そこから、腹膜炎を起こして痛みが出ているのではないかな、という。

強肝剤は、もう使っても意味がないかも、ということで、それを減らして、
痛みを取るのに、ステロイドのプレドニゾロンをプラス、下痢止めをかねて抗生剤も今までのパセトシン
にプラスしてフラジール。

110809コブ薬

胆泥を除去するウルソを1日1錠半から2錠に増やす。
コブちゃん、お薬大臣。

プレドニゾロンは1日2錠を朝に。1週間はこの量で、あとは減らしていくという。
これで痛みが治まるようなら、少しは食欲も出てくるかもしれない、とのこと。
プレドニゾロンには食欲増強の作用もある。水もたくさん飲むようになるかもしれない。

とにかく暑い日なので、部屋の温度を上げないように。

夕方、ベランダへのドアをあけておいたけれども、出ようとしない。
部屋の温度が上がるので、閉めて、ウチの奴らの散歩に出て、帰ってくると、
ドアぎわに敷いたトイレシーツに、大量のオシッコ。

「えら~い! シーツでできたのね~!」

偶然かもしれないけれども、結果オーライ。

110809コブ夜ご飯

夜9時過ぎ、イナダのサシミを焼いて、お醤油を垂らしたものを食べる。
おいしかったようで、薬が入ったものもぺろり。10~12切れぐらい食べた。
試しに生のまま差し出したら「ウ~!」だそうだ(苦笑)

満足したのか、水をたくさん飲んで、眠る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8月18日追記。
醤油を垂らすのは、塩分の補給というより、匂いを強くして食欲をわかせるため。

福島で保護された子たちの大半は、ドライフードを好まない傾向にあります。食事が、ドライドッグフードより、日本の昔ながらのワンコの食事、ご飯に味噌汁だったり、焼き魚の頭だったり、どうやらそのようです。
甘いお菓子やパンを好む子もいます。

「都会」から行く動物ボランティアたちは、最初は本当にびっくりするんです。「適正飼養」じゃないといいながら怒る人もいますが、本当にそうかな? いろんな「価値観」が試されることばかりです。

離ればなれになった飼い主さんとシェルターで対面したある子は、それまでほとんどご飯を食べなかったのにみるみる元気を取り戻しました。私は現場を見られなかったんですが、飼い主さんにジャムパンを丸ごとほおばらせてもらって、それはそれは幸せそうな顔をしていたそうです。そんな犬の顔を見たら、「適正飼養」なんて言葉が、どっかへ吹っ飛びます。

それがその犬とその飼い主さんの、まぎれもない幸せなんだってことを、肌身で理解する必要が、ボラにはあるってこと。
自分の構築してきた価値観を、犬にも飼い主さんにも押しつけてはいけない。どんなことであっても。

コブが、甘い菓子パンやしょっぱい焼き魚を、それでも食べたがってくれたこと、本当に幸せなことでした。
私が用意した「良い」フードなんて、なんの意味もなかったな、と悟った日でもありました。

関連記事

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。