今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急災害時動物救援本部サイト(3月31日追記あります)

十分に周知されていると考えましたので、緊急災害時動物救援本部のリンクのみトップ記事に残します。
2011年3月22日、緊急災害時動物救援本部のサイトが立ち上がりました。

緊急災害時動物救援本部
http://www.jpc.or.jp/saigai/

動物ボランティア募集は、公益社団法人日本愛玩動物協会のサイトを窓口として引き続き行われています。上記緊急災害時動物救援本部サイトで、まだ工事中のところがございますので、愛動協のサイトも合わせてご覧ください。

ひきつづき、動物たちと飼い主さんの被災状況、避難状況等の情報を集めております。
ご存じのことや、困っている方がいらっしゃるなどありましたら、上記サイトよりお知らせをお願いいたします。



※3月20日追記

<緊急災害時動物救援本部からのお知らせ>
「保健所等に保護されたペットが数日間で処分されてしまう」という情報がインターネット上で広がっておりますが、事実ではないことを被災地自治体に確認しております。ご安心ください。




公益社団法人日本愛玩動物協会のサイトで、現在の緊急災害時動物救援本部の活動状況が確認できます。
こちらからご覧ください。


● 地震発生からの動物救援活動の経過
● 義援金の募集
● ボランティアの募集
● 被災地情報の募集
● 被災地の行政への連絡
● 被災地への支援物資の輸送
● 被災地でのボランティア活動
● 支援にご協力いただける企業様へ
● 会員からの情報


の情報が整理されています。
ボランティアは、現地シェルター(まだ成立していません。今後の情報を待ってください)での動物たちの世話、一時預かり、動物の運搬等を募集しています。
動物ボランティア募集用紙が上記からダウンロードできますので、志のある方はお願い申し上げます。愛玩動物飼養管理士、愛動協会員以外の方も募集しております。応募者は必ず、愛動協および、緊急災害時動物救援本部の指示に従って行動してくださいますようお願い申し上げます。

また、被災地にいらっしゃるご家族、ご友人、お知り合い等で、ペットとともに避難されている、もしくは、避難できないでいるなどの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、

公益社団法人日本愛玩動物協会
TEL:03-3355-7855  FAX:03-3355-7880
E-Mail:jpc@mb.infoweb.ne.jp


まで、情報をお寄せください。現地での情報収集は現在の急務です。よろしくお願い申し上げます。

愛動協サイトでは以下のように呼びかけています。
動物救護に関することで、現地行政に連絡したい事項などがある場合には、緊急災害時動物救援本部までお知らせください。
<連絡先>
緊急災害時動物救援本部
事務局:財団法人日本動物愛護協会
〒107-0062
東京都港区南青山7-8-1南青山ファーストビル6階
TEL:03-3409-1821 FAX:03-3409-1868



ネット上の情報を見ておりますと、TV中継に映し出された被災動物たちを助けるよう、放送局へのメール攻勢をというような呼びかけなども散見されます。お気持ちはわかりますが、冷静な判断を行い、どうか安易に同調することのないよう、お願い申し上げます。

人間の安否情報や、福島の原発の状況等、緊急優先順位の高い情報のために、できる限りメールや電話などの情報網は空けておく必要があることを、心して理解をお願いいたします。人が救われることがなければ、動物も救えないのだということを、ご理解ください。

4月18日追記
原発避難圏内に入ってご活動されている団体さん、グループがいくつかあります。「入れる」ということがわかって、個人で入ろうとされたり、あるいは何かのご縁があって入られるというような方もいらっしゃると思います。
後方支援しかできない立場ですが、お願いがあります。

①ご自身の身の安全は、必ずお守りください。現場で、行政や警察、自衛隊の指示がありましたらお守りいただけるよう、決して無茶な突破などはされないようお願いいたします。できる限り、信頼のできる団体さんなどと連絡をとりつつ行動してください。

②動物を保護したら、
(i)その場所か近辺に、ご自身の連絡先を入れた「保護しました」張り紙を貼ってください。なにもせず、繋がれた子を連れて行くようなことはなさらないでください。ご家族が探しに来られることを想定してください。
(ii)必ず、管轄の自治体の保健所なり愛護センターに、情報をわたしてください。ご家族の問い合わせがそちらに入ったときに、すぐにつながるように。大きな団体さんでも守っていらっしゃらないところ、遵守されているところなど対応が実はまちまちで、ご家族や地元県が困っているという情報があります。
平常時の迷子と同じく、地元自治体が管轄だということを忘れず行動してください。


3月31日追記(念のために、以下は私の個人的見解です)

避難の方が、どこで犬や猫を放した(放すよう言われた)という辛い話が多数聞こえてくるようになりました。これは、不可抗力の場合もありますが、場合によっては「動物愛護管理法違反」を強制されていると考えられる場合があります。「~という話を聞いた」というレベルでの行動をしてしまうと、たんなるデマとなってしまい、適切に動物及び飼い主さんを守ることができない場合が考えられます。

直接聞き取りなどをされているボランティアさん、できる限り、信頼できる情報ソースとして(5W1H=いつ、誰が、なにを、どうして、なぜ)、を可能な限り揃えて)まとめ、所轄の県の地方自治体の動物愛護センター、保健所、緊急災害時動物救援本部にお知らせください。

また、このブログを読んでいる読者の方には、くれぐれも、例えば原発20キロ圏内に個人的に入るなどの行動を取ることのありませんよう、お願いいたします。私も胸のつぶれるような情報に接して、いてもたってもいられない思いでいっぱいです。ですが、ノウハウがないのであれば、勝手に動くことは他人の迷惑にしかならないこと。行動を起こすのであれば、必ずノウハウを持っている人、団体の指示を受け、単独行動をしないようにしましょう。たとえそれが、メール一本であっても、です。







関連記事

*Comment

そうだね・・・・今まで動物達を何とかすくってほしいと思っていたけれど、人が救われなければ動物も救えないよね。

クウカイくんのパニックはその後どう?
我が家の3匹は堂々たるもんであまり慌てなかったので大丈夫だけど、この地震で友人のワンコは一人でお留守番ができなくなってしまったらしいんだ・・・怖かったんだよね.....
  • posted by yoshi
  • URL
  • 2011.03/18 14:17分
  • [Edit]

>yoshiさん

こんばんわんにゃ~!

> そうだね・・・・今まで動物達を何とかすくってほしいと思っていたけれど、人が救われなければ動物も救えないよね。

そうなんです。現地では、動物を救うことで人間を救うことが容易になる、そういうケースがたくさんあるそうです。そのために動物を救うというスタンスを保つそうです。すべての命は平等だけれど、感情的にそれは受け入れられない、それが非常時なんです。

>
> クウカイくんのパニックはその後どう?

ありがとう、だいぶマシになったよ。今日はあまり大きな余震がないから、犬たちも楽そうです。まだ後追いするし、1人で留守番は厳しいようなので、けっこう連れ歩いています。クウカイのパニック動画が、なんと2万アクセスを突破してた! 同じようなワンコもいっぱいいっぱいいると思う(涙)

> 我が家の3匹は堂々たるもんであまり慌てなかったので大丈夫だけど、この地震で友人のワンコは一人でお留守番ができなくなってしまったらしいんだ・・・怖かったんだよね.....

私の近所でも、そのような話はたくさん聞いてます。どこへいくにも連れ歩いて、夜は添い寝してやってるってある飼い主さんが言いました。そうしてあげて、って答えました。
そうできることって、本当に幸せなことなの…。私たちにとっても、動物たちにとっても。

いま私の膝の上にめめがいて、机の下にクウカイがいて、背後に麟がいます。レイちんはどこかな?
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2011.03/18 20:32分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。