今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~~む失敗…orz



今朝ほど、同じ町内の方から、電話があった。

「おたく、猫の避妊をやっているなら、餌やりの人を禁止するのも一緒にやったらどうだ」

という趣旨のお電話だった。

お気持ちは、よくわかる。

野良猫に餌やりをする人がいるから、野良猫が増える→餌やりを禁止すれば、野良猫はいなくなる

という一見非常に当然に見える論理だからだ。

でも、実際には、餌やりを禁止することが野良猫の減少につながるかといえば、微妙なのだ。
TNRや地域猫の活動をしている人には、おなじみの話であろう。

餌やりを禁止しても、餌やりさんはいなくならない。
とがめられても、村八分にされても、それでも猫たちが可愛いのが、餌やりさんの心理だ。
夜中や明け方に、こっそり餌やりを続けてしまう人は少なくない。
自宅の庭で餌やりを続ける方は、ご近所づきあいを絶ってしまうようなこともめずらしくない。

餌やりをやめても、野良猫はゴミあさりをしたり、他の地域に散って生きていく。
そして、また繁殖して、戻ってきてしまう。
一見「減った」ように見えて、結局は猫の押し付け合い、餌をやる人も猫が嫌いな人も「自分さえよければ」がまかり通って、問題は無くなっていないという状態にしかならない。

一番、遠回りに見えて前向きで効果があるのは、餌やりさんに、避妊の大切さを説き、餌の放置をやめてもらい、清掃やTNRのT(捕獲)を手伝ってもらい、猫を管理していくことだ。

私たちは、この考えに基づいて、餌やりを禁止することはしていないし、今後もするつもりがない。

……

ということを、くだんの電話をかけてきた方にわかってもらうつもりだった。
だが、この方は「ああ、もうわかってもらえないなら結構です」と電話を切ってしまわれた。

ご自宅のわかる方だったので、資料を持って午後からお邪魔し、説明不足をお詫びして趣旨をわかっていただきたいと思って、訪ねていった。

門前払いを食わされてしまった。
「どうせわかってもらえないから」と。

・・・・

私の、電話の応対が最初から間違っていた、と気づいた。
私たちの考えを話してわかってもらう前に、この人が納得いくまで、持論を述べてもらわなければいけなかったのだ。
この人は、私たちの活動を否定したわけではない。自分のよいアイディアを加えてほしかった。
それが、私によって否定されたようなことになってしまったのだ。
そのつもりはなかったけれど、この人のプライドを傷つけたのかもしれない。

猫が嫌いな人に協力してもらわなければ、猫と人とが共生するコミュニティは作れない。
猫と人とが共生できるコミュニティは、人と人とがコミュニケーションを豊かにしているコミュニティにほかならない。

人と人との隙間を埋めなければ、ボランティアは成立しない。
傾聴のスキルも、磨かなければならないね。

苦い失敗だけど、あの人に道であったら、笑顔で挨拶しよう。
そこから、やりなおし。





関連記事

*Comment

難しいなぁ

人を相手にするって本当に難しいですね。

なんでこんなにも地道な活動なのか…

お疲れ様です(>_<)


ご近所の方は無関心な方でもなく、ましてや行動派ですね。

いつか聞く耳をもって下さると信じています。

頑張れー亮子さん♪
  • posted by まっきー
  • URL
  • 2010.10/20 19:25分
  • [Edit]

私も猫スタートは餌やりです。

うーん。簡単に「わかります」っていうのは良くないと思いつつも、「わかりますね~~~」。
私の猫飼い生活は、事実上、「押しかけ妊婦、露子」に餌やりをしてしまったことから始まりましたから。。。

私はもう「生まれつきの猫バカ」でして、子供の頃から、近所の野良猫がかわいくて、なかよくしてもらいたくてしょうがなかったのです。でも、親が厳しかったので、実家にいた間は何も出来ませんでした。

そこに現れたのが人妻露子。
懐いてくるから、なんにも考えずに餌をやっていたら(お腹が大きいのは分かっていたのに。先のことは何にも考えずに餌だけやって。知識が無いとは恐ろしいことです)、5匹も増えちゃった。。。
私は目の前で猫が増えて、それでただの「餌やり」ではいられなくなりました。でも、公園とかで餌やりしている人は、そういう感覚が無いまま、続けてしまうのでしょう。猫の嫌いな人のことはとりあえず上げておくとしても、餌やりだけしている人は実際には「困った人」なのでは、と思います。
猫バカなのは一緒だけど、たぶんきっと、その人たちは私にとっての「露子」みたいな「特別なネコ」に出会っていないのでしょうね。
みんなかわいいから、なかなか先が見られない。分からない。知ろうと思わない。
上手く言えないですが、「あれーどうしよー!」って思わなければ、分からないことなのでしょうね。。。

うーん、すみません、何が言いたいのかわからん文です。
でも、こういう「関わろうとする人」はとっかかりですよね。きっと、いつかもうちょっと先まで考えてくれると思います。少なくとも、猫が嫌いだからといってネガティブな反応をする方では無かったんですから。
この方はきっといつか話に加わってくれるのでは、と思います。
  • posted by 不可猫暇人
  • URL
  • 2010.10/20 19:46分
  • [Edit]

光速猫ちゃん♪

ごめんなさい、本文とは全然関係ない、のんきコメントですが。。。
リリース猫ちゃんの動画、我にかえって猛ダッシュ?!
そのスピードに笑いました。

がんばって生きるんだよ!


私には、リリース後に手を出さない修行が必要です。。。
  • posted by ねこまちぽち
  • URL
  • 2010.10/21 10:00分
  • [Edit]

>まっきーさん

こんにちわん! 

> 人を相手にするって本当に難しいですね。

そうですよね~、動物の問題ではないので…
一見動物の問題、実は人間同士の問題v-395
>
> なんでこんなにも地道な活動なのか…

はい。まっきーさんもよくよくよ~~~~~くご存じの…ですよね。

>
> お疲れ様です(>_<)

ありがとうございますm(__)m
わかっていただけてるなぁって思うだけでほっとするの…。
>
>
> ご近所の方は無関心な方でもなく、ましてや行動派ですね。
>
> いつか聞く耳をもって下さると信じています。
>
> 頑張れー亮子さん♪

はい。意見を言ってくださること、反論であろうとしてくださること。
これは、大きいことです。
がんばりますよ~!
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/22 12:36分
  • [Edit]

>不可さま

こんにちにゃ~~♪

> うーん。簡単に「わかります」っていうのは良くないと思いつつも、「わかりますね~~~」。
> 私の猫飼い生活は、事実上、「押しかけ妊婦、露子」に餌やりをしてしまったことから始まりましたから。。。

ええ、それが「普通のアプローチ」ですよね。
良いも悪いもないんです。人間だから、他の動物に餌をやりたくなるのは。

>
> 私はもう「生まれつきの猫バカ」でして、子供の頃から、近所の野良猫がかわいくて、なかよくしてもらいたくてしょうがなかったのです。でも、親が厳しかったので、実家にいた間は何も出来ませんでした。

お仕事柄ってのもありませんでしたか?
あとはお父様のご趣味柄とか…

>
> そこに現れたのが人妻露子。
> 懐いてくるから、なんにも考えずに餌をやっていたら(お腹が大きいのは分かっていたのに。先のことは何にも考えずに餌だけやって。知識が無いとは恐ろしいことです)、5匹も増えちゃった。。。
> 私は目の前で猫が増えて、それでただの「餌やり」ではいられなくなりました。

人妻って(爆)猫妻でしょ?
そうなの、増えてびっくりして、これはまずいと思う方が…ほとんど。
思わない方もいらっしゃいますね。

>でも、公園とかで餌やりしている人は、そういう感覚が無いまま、続けてしまうのでしょう。猫の嫌いな人のことはとりあえず上げておくとしても、餌やりだけしている人は実際には「困った人」なのでは、と思います。
> 猫バカなのは一緒だけど、たぶんきっと、その人たちは私にとっての「露子」みたいな「特別なネコ」に出会っていないのでしょうね。
> みんなかわいいから、なかなか先が見られない。分からない。知ろうと思わない。
> 上手く言えないですが、「あれーどうしよー!」って思わなければ、分からないことなのでしょうね。。。

そうなんです。子猫が増えたことを、純粋に喜びと感じる方もいらっしゃる。
何十匹になってはじめて、これはまずいと思う。もう遅いと^^;;;

あとは、特別に1頭とのかかわりを持つつもりのない人(本当に飼うという意識はない人)
もいらっしゃいます。それこそ、鳩だろうが雀だろうが猫だろうが、ご飯をあげられて
食べている姿を見るだけでOKな人…。

>
> うーん、すみません、何が言いたいのかわからん文です。
> でも、こういう「関わろうとする人」はとっかかりですよね。きっと、いつかもうちょっと先まで考えてくれると思います。少なくとも、猫が嫌いだからといってネガティブな反応をする方では無かったんですから。
> この方はきっといつか話に加わってくれるのでは、と思います。

ええ。「迷惑だ!」ってのも、関わってくださっていることなんです。
それは間違いない。ネガティブだっていいんです。
一番困るのは、人と関わろうとせず、動物に攻撃性を向けてくれちゃう人(汗)

理解してもらうって、時間はかかりますし、価値観が衝突すると無理かもしれない。
でも、妥協してもらえるとか、黙認してもらえるってのも有りなので…。
まぁ、じっくりと、ゆっくりと、心おだやかに…ですね!
ありがとうございます♪
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/22 12:42分
  • [Edit]

>ねこまちぽちさん

こんにちにゃ~♪

> ごめんなさい、本文とは全然関係ない、のんきコメントですが。。。
> リリース猫ちゃんの動画、我にかえって猛ダッシュ?!
> そのスピードに笑いました。

あ、そこに反応してくれる人がいた!(喜)
この猛ダッシュはどの子もなので、放す場所に気を遣います。
車が絶対来ない方向へ、キャリーを向けておくんです。

>
> がんばって生きるんだよ!

この子は春にTNRした子なんだけど、元気だよ~♪
私は、猫になついてもらわない(餌は私はやらない)ので、
遠くから姿を見て、元気だとほっとする、という感じです。


> 私には、リリース後に手を出さない修行が必要です。。。

私たちが餌やりをしないと決めているのも、実はそれもあるの…。
絶対に、情が移るとつれて行きたくなるから。
もちろん、そのほかにもいろんな理由はあるんですけれどね…。

心配ですよ、リリース後、ちゃんとご飯を食べに来ているか、
出血してないかって。
リリースする以上、体調を崩してしまう子はいるはずだから…
獣医さんもかなり入念にして、輸液もしてくださってるんだけどね。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/22 12:46分
  • [Edit]

理解して欲しいときは
まず 相手を理解しようとするのが鉄則 か・・・

頭ではわかっていたようなつもりでも
実際そうできる自信がないです 私・爆
でも そこをクリアしないと
桃源郷には辿りつけないんですね
肝に銘じとこ・・・

↑の麟ちゃんのお顔がいじらしいです~

>タロウの母さん

こんにちわんにゃ~♪

> 理解して欲しいときは
> まず 相手を理解しようとするのが鉄則 か・・・

はい、ソレですね…。

>
> 頭ではわかっていたようなつもりでも
> 実際そうできる自信がないです 私・爆

いやいや、実践できるって、相当胆力というか人間力が必要ですよね。
私も、どっちかというと瞬間湯沸かし器だし、ものすご~~~~くせっかちだし、
いつもなんかこう、まずったな~なんてやってますです。

> でも そこをクリアしないと
> 桃源郷には辿りつけないんですね
> 肝に銘じとこ・・・

一緒に、がんばりましょう。
桃源郷…かどうかは、なかなか、ね^^;
だけど…ここよりはすてきな場所のはず。

>
> ↑の麟ちゃんのお顔がいじらしいです~

ありがとう~♪
なかなか味のある顔になってきました。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/25 12:12分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。