今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動治療にかかわるお薬やサプリメントについて

ジルケーン

麟の話が、少し間が開きました。
口輪を外すようになった麟、またいろいろ、それはそれで問題もでてきてるんですヨ。
(誰だ、そりゃ楽しみだ♪って思ったの…いいのよ、私も楽しみだって思えるんだから!…爆)
トレーニング第二段階に入ったな、という感じを受けているのですが、その前に書き忘れてるかなと思うことがありますので、書いてみますね。


行動治療にかかわる、お薬の治療について、少し考えてみたいと思っています。
たぶんですが、下痢をしたから獣医さんで下痢止めを、怪我をしたから痛み止めに抗生物質、というのと、「あまりに恐がりで攻撃的になってしまうから、お薬飲んで抑えましょう」では、飼い主さんの受け取り方はものすごく大きく違うと思うんですね。

みなさんご自身でも、たとえばとても強いストレスで、とても気分が乱れているとします。
誰かに「お医者さんに行って精神安定剤でももらったら?」って言われるの、きっと「私大丈夫だから」って断る人が多いんじゃないかしら。精神分野の医療にかかることは、今も(かなり軽減してはきてますが)まだ、かなり抵抗のあることがらだと思います。ましてや、自分の動物となったら。

麟はいま、ジルケーンというサプリメントを処方していただいて、1日225mg飲んでいます。
ジルケーンの主成分は、牛乳に含まれるアルファ S1 トリプシン カゼインというタンパク質の一種で、脳の中の抑制系と呼ばれる回路を働かせて、不安や興奮を抑えることがある、と言われています。
ジルケーンは、食品です。普通のいろんな食べ物と一緒なので、「必ず効く」ものではない(効くと言って売ってはいけない→薬事法に触れます)のですが、効果が現れる子はいるそうです。麟の場合は、私はあるいていど効果があったのではないかな、と感じています。

麟はサプリメントから始めてみましょう、という感じですが、確実に効果があったほうがよい場合は、最初からお薬という判断が出ると思います。
抗不安薬(精神安定剤・マイナートランキライザーとも呼ばれます)、抗うつ薬などです。

これらのお薬には、聞くだけで抵抗が~~^^; という方が多いと思います。
反対に、私のように、自分が使ったことがあると、「ああ、ラクになれるよ」って思える方もいるかな?

私は、人間の医療ライターですので、お薬というものは、医師の指示の下で正しく使う限りは、安全であり、良い結果に早く近づけるもの、と解釈しています。
ただし、これは向精神薬系だけでなく、傷薬であろうと風邪薬であろうと下痢止めであろうとみんな一緒ですが、医師や薬剤師の指示に従わずに、勝手にやめたり、勝手に増やしたりしたら、怖いことも起きうるものです。重ねて、動物にも人にも、お薬を使うときは、獣医師・医師・薬剤師の指導の下で正しく使ってくださいね。

正しく使ったとしても、お薬で心配なのは副作用だと思います。
薬とは、ぶっちゃけ、副作用(副反応)があるもの、です。それがなきゃ薬効成分もない、という言い方は極端すぎるのでしませんが、副作用の心配については、最初に医師・獣医師に、納得いくまで聞いていただきたいなと思います。知らないでいて、これはなに?と思うようなことが出てきてびっくり!しないために。知っていれば、すぐにそれを医師・獣医師に報告して、対処してもらうことができます。

では、サプリメントは副作用がないの? と思われる方がいると思います。
サプリメントは、医薬品に分類されるもの(一部の栄養剤など)と、食品に分類されるものがあります。医薬品に分類される(容器にちゃんと明記してあります)ものは、やはり勝手に使うのではなく、必ず医療者に相談するべきものです。
食品に分類されるものは、多量に食べてしまっても副作用はない、と言われていますが、厳密に言えば、油断はできません。

健康食品でも、食品そのもの(たとえば、青汁みたいに野菜をそのまま粉にしたようなもの)は安全性も高いのでほとんど心配ないとされています。
ですが、ある成分を抽出してお薬のような形にしたものに関しては、自然に口にする食品と同じ状態ではありませんし、加工する際に添加物を使っていたりもします。ほかのお薬との飲み合わせが問題を起こすことはないと言えませんし、個体によっては、肝臓や腎臓など代謝や排泄にかかわる臓器に負担をかけることも、まれに起こりえます。

そういうわけで、私は動物に関してはとくに、サプリメントであっても、獣医師の指導の下に使うべきだと考えています。


鼻デカ麟


ちょっと話がそれましたが…。

体のために使うお薬やサプリメントも、心(というより、脳や神経の機能という言い方のほうがいいですね)に使うお薬やサプリメントも、考え方としては基本的に一緒、です。その子にメリットになるなら、使うべきもの、です。

攻撃性や、不安感、自分が感じているのではなく、動物が感じていることに関して、薬やサプリメントを使うことを提案されて、躊躇してしまうなぁ、と思った場合は、それを使うことのメリット・デメリット、起こりうることや心配に思っていることを率直に行動専門の獣医師にたずね、納得のいくまで相談してみてください。

(一般の獣医師では、獣医学のカリキュラムとして学んでいないために、行動療法の重要性を認識していない先生がまだまだおられます。したがって、向精神薬を使えない先生のほうが多いです。飼い主が、必要としている分野であることを、声をあげていきたいところです)

肉体的な痛みを感じている動物に対して、苦痛をやわらげるためにお薬を使うように、日常生活を辛いものにしている精神的な苦痛を動物が感じているとしたら…。

どうぞ、お薬やサプリメントが有効かもしれないことを、心にとめて置いてくださいね。

めめたんこテーブルの上
あたち、カタイお話は好きくないわ♪ だってにゃんこですもの。





関連記事

*Comment

りぼんもジルケーンを使い始めて約1ヶ月経ちました。私も効果があるように感じています。そして、はるなと同じ空間にいる時は必ず口輪をしています。怪我をする心配のないこと・・・これは私以上にきっとはるなとりぼんが一番求めていることなんだと思います。
  • posted by くりママ
  • URL
  • 2010.10/19 14:28分
  • [Edit]

>くりママさん

こんばんわん!

> りぼんもジルケーンを使い始めて約1ヶ月経ちました。私も効果があるように感じています。

そうでしたか! りぼんちゃん、少し緊張が解けてきたかしら。
麟は、もうそろそろ、ジルケーンがいらないように思います。
リラックスしているあいだに、自信をつけていくのがいいようですよ。

>そして、はるなと同じ空間にいる時は必ず口輪をしています。怪我をする心配のないこと・・・これは私以上にきっとはるなとりぼんが一番求めていることなんだと思います。

りぼんちゃん、口輪嫌がらずにしてます?
意外に、慣れてしまうでしょう。
バスケット型ですよね、先日ブログの写真で、ああ! って思いました。

そうですね、仲良しなときは、一緒にくっついて眠れるのに…。
咬んでしまうりぼんちゃんが、一番、不本意かもしれないですものね。
いつか、要らなくなりますように。
うん、でもきっと。

  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/19 23:24分
  • [Edit]

だから牛乳効くのかな……

ジルケーンの成分見て驚きでした。
こんちは、がみがみッス~

えーと、牛乳のタンパク質!
うちの老人ホームでは、夜に不穏行動(イライラしたり攻撃的になっちゃったりすること)をお年寄りが示し始めたら、
「○○さ~ん、いっしょにお茶せぇへん?」って
必ずホットミルクで乾杯です。
ほぼ90%くらいこのホットミルクでオヤスミになられます。v-398
なぜに牛乳で寝るのか、??でしたが、ひょっとすると成分的にちょっとちがうけどジルケーン的なことが体内で起こってるのかしら?

ふむぅ、ちょっと疑問が解けて感動の一日になりそうです。(大袈裟だー)
  • posted by がみがみ
  • URL
  • 2010.10/20 10:53分
  • [Edit]

>がみがみさん

こんにちわん!

> ジルケーンの成分見て驚きでした。
> こんちは、がみがみッス~

そうなんですよ。牛乳なんですよね~。
そんなもんやったん? という突っ込みも入りそうな(笑)
>
> えーと、牛乳のタンパク質!
> うちの老人ホームでは、夜に不穏行動(イライラしたり攻撃的になっちゃったりすること)をお年寄りが示し始めたら、
> 「○○さ~ん、いっしょにお茶せぇへん?」って
> 必ずホットミルクで乾杯です。
> ほぼ90%くらいこのホットミルクでオヤスミになられます。v-398

お仕事、お疲れ様です。
ホットミルクも効くんでしょうけれど、がみがみさんはじめスタッフさんの
声かけ、心遣いで、気持ちが休まるっていうほうが大きいでしょうね~♪

> なぜに牛乳で寝るのか、??でしたが、ひょっとすると成分的にちょっとちがうけどジルケーン的なことが体内で起こってるのかしら?

カゼインだけでなくて、いろんな成分が気持ちを落ち着けるようですね~。
こちら↓なんか詳しいですよ。
http://www.j-milk.jp/library/seminner/8d863s000000qcqh.html

> ふむぅ、ちょっと疑問が解けて感動の一日になりそうです。(大袈裟だー)

小さな感動の積み重ねってだいじですよね~(^^)b
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.10/20 14:47分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。