今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安を和らげる…基礎プログラム=リラクゼーションプログラム


基礎プログラム(リラクゼーションプログラム)をしている私と麟の様子です。
撮影しながらなので、ハンドサインが妙だったりしますが^^;
あと、アヤシゲな洗濯物が写りますので、隠してます(余計怪しい…)
麟の表情が以前と違うように思いますが、どうでしょうか。
リラックスが目的ですが、麟は若干緊張しているように見えます。


長い夏休みをいただいちゃいました^^;
ほんとに、自分の体力のなさにがっかりしてしまいます。
今年みたいな夏が来年以降も続いたらどうしましょう…
マジ、心配になってしまいます。
さて、気を取り直して、続きいこ~♪


(1)の基礎プログラムの最終的な目標は
「犬が喜んで飼い主の号令に従って、落ち着いて自分の場所にじっとしていることができるようになること」
です。

と書きました。基礎プログラムは、別名を「リラクゼーションプログラム」と言うそうです。
リラクゼーション、良い言葉ですよね、あ~~大好き♪(笑) 

コマンドを教えるのに、リラクゼーション? という感じる方がいるかもしれません。
でも、チャーリー組のみなさんなら、なぜリラクゼーションなのか、ピンと来るのでは?

そう! 飼い主さんの声、言葉、何か言われていることを、「一番安心できること」と捉えられる、という意味だから。
他の犬がいるとか、知らない人がいるとか、知らない場所にいるとか……
犬にとっては、不安になるような刺激がいっぱいある場所で、飼い主さんが「おいで、オスワリ」と言っている。
ああ、ボクはひとりじゃなかった。ママやパパがいるんだ~~♪ と不安がなくなって、落ち着ける。
(をを、理想郷だわ…!)

もっちろん、そこまでの道のりが、長いわけですが!
だから、毎日、毎日、ちょっとずつの繰り返しという根気の要る作業が、実を結ぶんですよね。
「普段からやり慣れていること」は、何も考えずにできるじゃないですか、私たちだって。
ワンコも一緒、ワンコとペアになっても一緒、ということ、だよね♪

そんなわけで、私と麟は、一日2回を基本として、動画のような練習をしています。
すぐに結果は出ません。ごらんのように、麟はほぼ完璧にオスワリを理解しています。
ですが、外で、さまざまな刺激があるところでのオスワリは、まだまだうまくいかないことが
多いのです。私の声すら、耳に入っていないでしょう。

麟は、とても強い不安の中で生きている。
できるだけ、麟の感じているかもしれない不安を取り除いていくことが、現在の目標です。

ということで、ここから麟と私の取り組みについて、具体的にアドバイスをいただいたことを記します。

(つづく)

関連記事

*Comment

うちの隣の仔がしっぽを噛みます
ある日 変な声がするので その声をたどってみると
玄関先につながれた仔がしっぽを噛んで流血していました
自分でもどうしていいのかわからない 
ヒトを頼りたいけれど それもどうしていいかわからない と見えました
おうちのヒトは留守でしたが なんとか連絡がつき 病院へ・・・
もともと怖がりな印象の仔でしたが 人通りのある玄関先にいつも繋がれていました
おうちの中に入れたほうが・・・という声には耳を傾けてくださったのですが
玄関内にやっぱりつながれているようです
ヒトの気配がするだけで吼えています(四六時中 というかんじ)
かわいそうなんだけれど・・・う~む これから先の介入はちょっと難しい・・・
麟ちゃん 幸せだなぁ・・・

>タロウの母さん

こんにちわん! 少しだけ涼しくなりましたね♪

> うちの隣の仔がしっぽを噛みます
> ある日 変な声がするので その声をたどってみると
> 玄関先につながれた仔がしっぽを噛んで流血していました

なんと! 可哀想に…v-406
流血するぐらい激しく尻尾かみするんだ…。
麟は、毛はみんなむしっちゃっておしりから尻尾がしょぼしょぼだったけど…
血が出るところまでいってませんでした。

> 自分でもどうしていいのかわからない 
> ヒトを頼りたいけれど それもどうしていいかわからない と見えました
> おうちのヒトは留守でしたが なんとか連絡がつき 病院へ・・・

そうなんだ…かなり辛かったですね…。
病院へ連れて行ってあげたのですか?おうちの人に連れて行ってもらえたのかな。
どちらにしても、病院の先生はなんとおっしゃったでしょう…
常同行動の行き過ぎ(常同障害)だって気がついてくださる先生だといいけど…

> もともと怖がりな印象の仔でしたが 人通りのある玄関先にいつも繋がれていました
> おうちの中に入れたほうが・・・という声には耳を傾けてくださったのですが
> 玄関内にやっぱりつながれているようです

とりあえず、家の中には入れてもらえたんですね。
まずは、一歩前進ですね。

> ヒトの気配がするだけで吼えています(四六時中 というかんじ)
> かわいそうなんだけれど・・・う~む これから先の介入はちょっと難しい・・・

難しいですね、近所であっても、飼い主でなければそこから先は…。
私たちは、ボラ活動で、似たようなケースがありまして、近所づきあいのない人でしたので…
お手紙を出しました。その子は、家の中へ入れてもらえて、お散歩も多少増えたと
近所の方に聞きました。

あとねぇ、その子がかかった病院がわかっていて、タロウの母さんもいくような病院
でしたら、先生にそれとなく話してみるのもアリかもしれませんね。

> 麟ちゃん 幸せだなぁ・・・

尻尾を咬んでる様子ってね、見てて心が痛いよね…。
吠えつづけも見ていて辛いけど、自傷行為は本当に見てて痛いよ…。
麟は、解放されたと思ってます(^^)b
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.09/12 09:23分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。