今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月23日小田原基礎トレーニングその3 人と犬が一緒に歩くということ


上の動画は、興味のおもむくままに飛び出していく犬を制御するリード使いです。
チャーリーママさんが、ルナちゃんを止めます。
後ろに引き戻すのではなく、真横からリードを引く(というより、きゅっと止める感じ)です。
犬の体とリードがTの字になるかっこうです。
目的は、強引に引き戻すことではなく、犬が自主的に方向転換できるサポートをすること。
ルナちゃんが興味を引かれている対象から、我に返って、呼び戻す人(この場合はチャーリーママさん)
に意識を向け、体の方向を変えます。
え~と、これでよかったっけ。どなたかフォローをお願いします!ルナママさ~ん(呼んでみる♪)

さてさて。
前記事で志し高く(!?)小田原へ行っているようなことを書いた私ではございますが^^;
目指す山は高い。学ばないといけないコトは、広大な天空に星屑のように散らばってしまっており…。
必死のぱっちで拾い集めているような状態です(笑)

クウカイ抜きで参加させていただく最大のメリットは、参加のワンコさんたちと一対一の
おつきあいをする機会が与えられること。
ふだん、自分の子と預かりの子とは密にふれあっていますが、友達のワンコでもなかなか
リードを持たせてもらうことはありません。
そこで、ほとんど興味丸出し(失礼ながら…)で、ラブのはなちゃん、ルナちゃんのリードを
持たせていただく体験をしました。はなちゃんのおかぁちゃん、ルナママさん、ありがとう!!
チャーリーママさん曰く、「とんでもない力よ~、覚悟してね♪」

ところがところが。2頭とも、おとなしいことこの上ないんです。拍子抜けするぐらい。
かしこいラブのはなちゃん、ルナちゃんは、あまりよくしらないオバチャンがいきなりリードを
持ったことで、「この人なに~? 私になにするの~?」と思いながら、出方を窺っていた(爆)
というか、もしかしたら、「あら、シロウトさんだわ、やさしくしなくっちゃ」と哀れんで
くれたというか(激爆)とにかく、私に対して「手加減」としか思えないやさしさでつきあって
くれたんです。

まずは、ロングリードもあまり手慣れていない私(クウカイにもロングリードは先日から
使い始めたばかりです)のダメダメな動画をご覧下さいませ(羞)
まずははなちゃんと私です。(撮影、チャーリーママさんです♪)



のっけから、はなちゃん座って体カイカイのシグナルを出しています。
繊細なこの子は、いきなり知らない人がリードを持って、しかも思い通りに一緒に歩こうと
することに、たぶんですが半分拒否反応があったようです。でも、もちまえの優しさでつき
あってくれています。34秒ぐらいで、また地面を嗅いでいますよね^^;
私が、まっすぐ歩けていないのがわかりますでしょうか。
私自身が何をどうしたいのかがわかってないのです^^;当然、はなちゃんは困惑したことでしょう。



動画後半です。
すこ~しマシな感じで一緒に歩いていますが、やはり互いに信頼関係ができてないとは
こういうこと、という感じがします。私とはなちゃんの思惑がバラバラなのね。
はなちゃんは、お友達のところへ走り出そうとして私にとめられますが(ほんとに必死のぱっちね^^:)
2回とめられてちょっとイラッと来たかも知れません。
でも、ここでヒャンヒャンが出るのではなく、また座ってカイカイシグナルを出しています。
ものすごい自制心ではないかなと思います。はなちゃんは、興奮症なので、自制がきかないこと
があります。はなちゃんのおかぁちゃんは、私にとびつきやしないかと思ったそうですが、ぜんっぜん。
走り出すことはあっても、突進ではなく、すごく自制を効かせることができていると私は思いました。
チャーリーママさんだと、甘えてとびついてリード咬みも出るとのことですが、私には
出さなかった。はしゃげるということは、信頼がないとできないことなのだと思いました。

こういうときって、何か目的意識を持った動きをしなきゃいけないかなぁと思いました。
「歩いてみる」って、漠然としすぎかなぁ。たとえば、「門のところまで行ってみようか」
とか。そういうほうがワンコに伝わるかも知れませんね。
さて、次はルナちゃんと私です。



はなちゃんよりさらに「様子を窺っている」感じアリアリです(爆)
「おばちゃ~ん、なぁに~?? なにするの~~??」
「ルナちゃーん、一緒に歩くんだよ~」
「えぇ~~~~?」
と、ノリの悪い(爆)るんたんなので、最後の一瞬にちらっと写ってますが、わざと
興奮させるようにジャンプを促してみました。ぴょん♪たのしくなってくれるかな? みたいに。
楽しくないとついていかないよ~、ってオーラが出てました。

誰だって、知らない犬でもリードさえもてば一緒に歩ける、と思いがち。
でも、本当はリードを持って一緒に散歩する、という単純なこと…。その意味は深い。
リードの向こうとこっちで、互いに信頼できるかどうかを推し量るようなことなんですよね。
我が家の子と、なにげなく毎日リードでつながって散歩するって、とんでもなく信頼関係を
必要とするはずのことなんだ、ってことを、初めての子と歩かせてもらって気づく。

大型犬用のリード使いを練習する、な~~んて、甘い甘い。
初めての人と会って打ち合わせするぐらい、ドキドキするできごとだったんです。

ぽむにしろ、ナナにしろ、あずかりッコたちも、最初はリードのむこうとこっちで、
思惑がバラバラ、リードは物理的につながっているだけのものでした。
だから、万が一、リードが手から離れてしまったら、それっきり、どこへ飛んでくかわかった
ものじゃない。現に、ナナは一度、リードを手から離してしまって、数百メートル突っ走ら
れてぞっとしたことがありますーー;;

今は、ナナもクウカイも、リードが手から離れたってそれほど怖くはありません。
クウカイに至っては、よほどのことがなければその場で止まるという自信があります。
信頼関係ってそういうことなんだと思うの。トレーニングの成果といえばそうかも
しれないけれど、決して、練習してどうにかなるものなんかじゃない。

一緒にいることを積み重ねて創り上げられる信頼で、犬と人はともに歩ける。
信頼関係ができてない人と犬は、じゃあどうするか。
互いに、尊重し合わなければいけないんじゃないのかな?知らない人同士と同じ。
そう考えたら、チェーンカラーの使い方を正しく覚えたところで、知らない犬にいきなり
使うなんて、とても失礼なこと、って思います。いくらプロであろうが、なんであろうが。

犬の信頼を短時間で勝ち得ることは、トレーナーさんには必須事項だと思います。
保護犬を扱うことを考えたら、私もぜひともその術は身につけたいところ。
でも、そこまでの道は、まだまだ、なのであります!






関連記事

*Comment

お久しぶりです~(^◇^)

こんにちわ!お久しぶりです(>v<)
アルママことらびです♪

亮子さん、リードさばき上手です!
一番すごいな、と思ったのは、なんといっても姿勢!
姿勢って大事だと思うのです。

競技とか、そんなのは抜かして、単純にリードさばきがすっと上手くいきやすい気がします。
かがんで、ワンを伺って…ってしていると、どうしてもワンも着いて来にくいですしね^^
背筋がすっきりして、とてもきれいです。

…って、なんだか上から目線っぽい感じの文章でごめんなさい><;

リードを持って、ただ歩くって、言葉にすると単純なようですが、結構緊張しますよね^^;
特に始めてリードを持った仔なんて!
どういう動きをするのかな?とか、どうしてもワンに伺ってしまいます。
ワンに眼を向けながらも、「ついておいで!」ってできるのが、プロなのでしょうが^^;
これからもトレーニング、がんばってください~!
  • posted by らび(アルママ)
  • URL
  • 2010.04/06 21:36分
  • [Edit]

>らびさん

ドッグモ~ニング~♪

> こんにちわ!お久しぶりです(>v<)
> アルママことらびです♪

ごぶさたです。アルちゃんともども、元気でやってますか~♪

> 亮子さん、リードさばき上手です!
> 一番すごいな、と思ったのは、なんといっても姿勢!
> 姿勢って大事だと思うのです。

ありがとう~~、あんまりほめると、オバサン調子に乗るよ(爆)
姿勢は、私の数少ない自慢できることのひとつかもしれません。昔、お芝居をやっていましたから、姿勢は鍛えられています^^

でもさすがらびさん、姿勢の大切さに着目して読んでくださったとは!

> 競技とか、そんなのは抜かして、単純にリードさばきがすっと上手くいきやすい気がします。
> かがんで、ワンを伺って…ってしていると、どうしてもワンも着いて来にくいですしね^^
> 背筋がすっきりして、とてもきれいです。

実は、このとき私、姿勢にはよりいっそう注意して歩いているんです。
チャーリーママさんのトレーニングに、「体の軸」を意識するという項目があるんです。

「リードを緩める、押す、といっても体を動かすわけじゃない」
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-970.html

「体の軸」
http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-964.html

よければ記事中に紹介されている、はなのおかぁちゃんの記事もふくめて読んでみてくださいませね。
姿勢を良くして歩くと、普通のお散歩がエクササイズになりますね。
お散歩はスポーツだ、という感覚でチャーリー組は歩いているんですヨv-354


> …って、なんだか上から目線っぽい感じの文章でごめんなさい><;

ノープロブレム・無問題♪
んなこと気にしな~い(爆)

> リードを持って、ただ歩くって、言葉にすると単純なようですが、結構緊張しますよね^^;
> 特に始めてリードを持った仔なんて!
> どういう動きをするのかな?とか、どうしてもワンに伺ってしまいます。

いや~~ほんとに緊張しました。
この緊張感に、最近になって気づいた気がします。
特に、はなちゃん、ルナちゃんとの短いセッションはそれをハッキリ気づかせて
くれました。お~これは学びがいがあるぞ♪

> ワンに眼を向けながらも、「ついておいで!」ってできるのが、プロなのでしょうが^^;
> これからもトレーニング、がんばってください~!

いいトレーナーさんって、きっと犬の緊張をすごく短い時間で解いちゃう人、なのかも。
そこまでの道のりは長いですな~私の場合^^;
亀の歩みですが、がんばりま~す。
らびさんも体に気をつけてがんばってね~~!!
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.04/07 07:48分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。