今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護法で、なぜ警察が動けないのか

環境省による動物虐待は犯罪です、のポスター

一昨日以来、本当にたくさんの皆さまのお心を騒がせてしまいました。
心配していらっしゃるみなさま、事態は、よい方向へ進みつつありますので、どうぞ、
ぐっと気持ちをこらえて、待っていてください。
このような活動では「何もできないこと」も受け入れていかなければなりません。
(ねりま猫、やす猫での私の経験です)

さて、なによりも「なぜこの件で警察がいち早く動いてくれないのか」に多くの方が疑問を
持ったと思います。

私は、自分の地元でボランティア活動をしていますので、地元警察の担当者とは、この話を
したことがあります。

「警察でも、動物が好きな警官はたくさんいるし、心を痛めてもいる。でも、人間の案件の
捜査だけで、手一杯なのが実情。動物の捜査をしている間に、人間の事件の捜査ができない
ことは、困ることなので」

という話を聞きました。たぶん、これを読まれた皆さまは「なんて勝手なことを!」と憤り
を覚えるだろうし、また「これだって人間が犯している犯罪じゃないか」と思われるでしょう。
その通りですが、警察を責めても、問題は解決しないのだ、ということを、ここでは是非、
理解していただきたいな、と思っています。

たとえば、この冒頭のポスター、ご存じの方も多いと思います。
2009年春に、「日本にアニマルポリスを誕生させよう」のサイトの賛同者の協力で、
環境省から出されたポスターです。各県に数百枚ずつは配られているものです。

みなさん、これを町でみかけられたこと、あるでしょうか。
もちろん、役所や保健所には張ってあると思います。
ですが、警察や交番で見たこと、ありますか?
私はありません。

私は、これをアニポリサイト賛同者として、10枚を保健所から譲り受け、知っているお店、
近隣の学校などに張って下さるようお願いして回りました。
そして、近所の優しい警官のいる交番にも、持って行きました。
張って下さったんです。短い期間ではありましたが。

持って行ったとき、心優しい、若い警官は、こういいました。
「自分は、この法律について知りませんでした。こういう法律があるんですね。
交番にポスターを貼ることは、上と掛け合わなければできませんが、やってみます」
そして、実現しました。

犬虐待の話を読んでくださり、憤りを持ってたくさんのご意見や提案をくださったみなさまの
中には「私には何もできません」と悔しそうに語られる方が何人もいらっしゃいました。

どうぞ、怒りをぶつけるのではなく、できることがあります。
あなたの隣の人、身近な人、身近で働く行政の人。
この話をしてみてください。

通じないかも知れません。
「はぁ?」って言われるかも知れません。

ですが、どこかで聞いたことは、必ず頭に残るんです。
そして、何かの時に、引き出しから出てくるものなんです。
温かい心を持っている人に、通じることだってあるんです。

だから…。

たとえば、このポスター(B2サイズの大きなものですよ)、まだお近くの保健所や動物愛護
担当部署に眠っているかも知れません。
もし、時間があるのなら、月曜日に電話をかけて、聞いてみてくださいませんか。
とてもすばらしいポスターですよ。ちょっと、怖いけれど。

そして、もし担当の人が思い出して、在庫を出してくれるようなラッキーなことがあったら。
環境省のこちらからもダウンロードできます)
ぜひ、お知り合いの店や、近所の交番、学校、ダメなら自分ちの窓にだっていいい。
張ってみてください。

小さな、小さな声を合わせて…
「おかしな世間」を動かしていきませんか。



関連記事

*Comment

賛同!

こんばんは^^
こちらのポスター、自分のデスク脇に貼ってます( ̄▽ ̄;)
昨年2月、六本木で開催された【フォトメッセージ展 ~ 一生一緒 ~】に藤野真紀子氏がお見えになり、いろいろなお話を伺い、ポスター(まだ交番にも配布されてなかったのでコピー)をもらいました。

『虐待を見つけたら、すぐ110番してください。交番に行ってもこの法律を知らない人、“たかが動物ごとき…”と対応してくれない人もいます。
110番は警察庁に繋がるので、きちんと対応してくれます。
その対応次第では、私に連絡してもらっても構いません。
法律が作られても、改正されても、それを知らない人がいたのでは意味がない。
動物を傷つけることは、大きな罪だと、世の中の人が知らなければいけない!』
と強くおっしゃってました。

あぁ、もう一年以上も経つのに交番に貼られているのを見たことがありません。

>「自分は、この法律について知りませんでした。こういう法律があるんですね。
交番にポスターを貼ることは、上と掛け合わなければできませんが、やってみます」

亮子さん、素晴らしいですね!
これって、普段からの人付き合いの賜物なのではありませんか^^
私もこれからは、交番前までぱとらを“何気に”連れて行って(笑)、挨拶くらいしてみようかなー。
そのうち、ちょっとしゃべる機会もできるかしら。
そしたら、言い出しやすいですねっ♪

氏が『私達個々の思いや考えをそれぞれが表面化することで、人間と動物達が共存できる社会を作っていくことができるんです』ともおっしゃってました。
これって、まず何より私達が人との付き合いを大事にしなければできないことですよね。
それが難しい世の中ではありますが、人の輪から聞こえてきた小さな声は、いつしか大きな波紋となって、世情を変える力になる。
それが、物言えぬ小さな命を守り、自分の、自分たちの愛するものを守ることにつながるのだと…気づかなくては!

あぁ、こんな気持ち、いつの間にか抜け落ちてました。
亮子さん、ありがとうございます!
  • posted by ネロ
  • URL
  • 2010.03/17 22:08分
  • [Edit]

奈良の鹿

奈良公園のシカの腹に矢が刺さっていた件で、新聞の社会欄に、
「奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良署は文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。」
と書かれています。

ならば、日本犬やタヌキやカモシカやニホンザルも国の天然記念物なんですが、矢を刺したら「文化財保護法違反」になるんでしょうか?

柴犬に暴行を加えたら「文化財保護法違反」になるんでしょうか?

何か釈然としないんですが‥。

ちなみに、飼っている柴犬は愛護動物だから、動物愛護管理法違反にはなるでしょうが、野生のタヌキや野良の柴犬は愛護動物には該当しないと思うので、矢を放っても動物愛護管理法違反にはならないのでしょうね。

それも何か釈然としない‥。

>ネロくん

こんばんは!

> こちらのポスター、自分のデスク脇に貼ってます( ̄▽ ̄;)
> 昨年2月、六本木で開催された【フォトメッセージ展 ~ 一生一緒 ~】に藤野真紀子氏がお見えになり、いろいろなお話を伺い、ポスター(まだ交番にも配布されてなかったのでコピー)をもらいました。

おお~! 会社のデスクですか?

> 『虐待を見つけたら、すぐ110番してください。交番に行ってもこの法律を知らない人、“たかが動物ごとき…”と対応してくれない人もいます。
> 110番は警察庁に繋がるので、きちんと対応してくれます。
> その対応次第では、私に連絡してもらっても構いません。
> 法律が作られても、改正されても、それを知らない人がいたのでは意味がない。
> 動物を傷つけることは、大きな罪だと、世の中の人が知らなければいけない!』
> と強くおっしゃってました。

残念ですが、藤野さんの熱意とはうらはらに、110番では対応されません。
そのことで、藤野さんにご連絡をしていたら…電話がパンクしかねないと思います。
そして…藤野さんも、議員をおやめになってしまわれたのが残念ですね。


> あぁ、もう一年以上も経つのに交番に貼られているのを見たことがありません。

でしょ?


> >「自分は、この法律について知りませんでした。こういう法律があるんですね。
> 交番にポスターを貼ることは、上と掛け合わなければできませんが、やってみます」
>
> 亮子さん、素晴らしいですね!
> これって、普段からの人付き合いの賜物なのではありませんか^^
> 私もこれからは、交番前までぱとらを“何気に”連れて行って(笑)、挨拶くらいしてみようかなー。
> そのうち、ちょっとしゃべる機会もできるかしら。
> そしたら、言い出しやすいですねっ♪

そこに気づいてくださったのは嬉しいです。
そう、私だからできることなんかじゃないんです。
迷子動物が出れば、かならず警察にはお世話になります。
散歩の時に、交番に顔を出すのは、とても良いことだと思います。
警察官だって人間、人と人との交流ですから!

>
> 氏が『私達個々の思いや考えをそれぞれが表面化することで、人間と動物達が共存できる社会を作っていくことができるんです』ともおっしゃってました。
> これって、まず何より私達が人との付き合いを大事にしなければできないことですよね。

そのとおりです!!!
その意味で、いがみ合っていたり、責め合っていたりしても、意味がありません。

> それが難しい世の中ではありますが、人の輪から聞こえてきた小さな声は、いつしか大きな波紋となって、世情を変える力になる。
> それが、物言えぬ小さな命を守り、自分の、自分たちの愛するものを守ることにつながるのだと…気づかなくては!

長い道のりのようで短いのが「常識にしてしまえ」です。
それには、隣の人とアグリーしていくのが一番。
人から人への情報伝達の早さ、強さは意外なものがあります。

>
> あぁ、こんな気持ち、いつの間にか抜け落ちてました。
> 亮子さん、ありがとうございます!

思い出していただけたら一番嬉しいです。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/19 00:53分
  • [Edit]

>ちゃまさん

はじめまして、いらっしゃいませ。

> 奈良公園のシカの腹に矢が刺さっていた件で、新聞の社会欄に、
> 「奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、奈良署は文化財保護法違反の疑いで捜査を始めた。」
> と書かれています。

そうですね、文化財保護法違反が適用されるようですね。

> ならば、日本犬やタヌキやカモシカやニホンザルも国の天然記念物なんですが、矢を刺したら「文化財保護法違反」になるんでしょうか?

額面ではその通りのようにも思えますが、反面、許可を得ることで頭数は決まっていますが猟の対象にもなりえますね。時と場所、許可のあるなしで変わってくるようです。
奈良のシカは、種としてはホンドジカ(ホンシュウジカ)で、生息場所が変われば狩猟対象になることもあります。

奈良のシカに関しては、「人が占有する(飼っている)哺乳類」と見なす意見と、野生であるとする意見があるようです。前者であれば、動愛法も適用されますが、今回はどうも後者の解釈のようですね…。

> 柴犬に暴行を加えたら「文化財保護法違反」になるんでしょうか

柴犬の場合は、やはり動物の愛護および管理に関する法律(動愛法)のほうが適用されます。
天然記念物ではありますが、暴行され死ぬようなことがあっても、その血筋が途絶える(天然記念物として毀損される)心配がない…ところでしょうか。(ちょっとこのあたりは自信がありませんので、フォローしてくださる方がいると嬉しいです)

> 何か釈然としないんですが‥。

法の運用の不備、いわゆる「法の穴」のようなものでしょうね。


> ちなみに、飼っている柴犬は愛護動物だから、動物愛護管理法違反にはなるでしょうが、野生のタヌキや野良の柴犬は愛護動物には該当しないと思うので、矢を放っても動物愛護管理法違反にはならないのでしょうね。

ちょっと細かいのですが、野生の狸は動愛法の適用範囲の動物ではありません。
(動愛法の適用される動物は、牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる、と、「人が占有している動物で、哺乳類、鳥類又はは虫類に属するもの」です。)

「野良の柴犬」は、野良犬であり、動愛法の適用範囲なんです。
ところがこの「野良」も実は難しくて、「一時的に所有者がいないだけの野犬(やけん、と読ませる)のらねこなど」は動愛法の適用範囲です。ところが、「飼養されている関係にない野犬(のいぬ、と読ませる)や野猫(のねこ、とよませる)は、動愛法が適用されません。

ここにさらにややこしくなりますが、鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化にかかわる法律)がかかわってきます。先の、のいぬ、のねこは、こちらの範疇です(つまり、狩猟動物ということになります)。

さて、野良犬、野良猫と、のいぬ、のねこの違いは、誰がどうやって見分けるの??ということになります。


> それも何か釈然としない‥。

正直、釈然としません。
簡単に言えば、人間のその場の解釈でどうにでもなることだって考えられます。

以下、愛玩動物飼養管理士2級の教本からの抜粋です。

「虐待」とは「不必要に強度な苦痛を与えることである(伊藤栄樹著『軽犯罪法』立花書房刊)とされ、具体的にある行為が「虐待にあたるかどうかは動物の被る苦痛の種類、程度、方法の相当性、周囲の状況等の客観的要素と人間の側の事情、目的、必要性などの主観的要素を十分考慮し、社会通念に従って総合的に判断されるべきもの」と考えられています。ちなみに、伝統的行事として社会的に認容されている闘犬、馬力大会等を実施する行為は、当該行事を行うために必要な限度を超えて動物に苦痛を与えるような手段、方法を用いた場合を除き、本状の規定に該当しないと解されています。


これも、釈然としない方がおおいのではないでしょうか。
私もどこか釈然としません。

法の解釈は法律の専門家に任せるとしても…。
食べるわけでもなく、食べる必要もない動物に、苦痛を与えない。
ただそれだけのことを、人が守ればよい話ではないかな…。
自分の良心に照らして(それがまた、問題なわけですが)ということですね。


  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/19 01:28分
  • [Edit]

お久しぶりです。

私なりに出来る事。
もっと考えなきゃいけないですね。
無理はせずに自分のペースで自分なりに出来る事を目指したいと思います。

この記事を私のブログで紹介させて頂いたのですが、問題なかったでしょうか?
紹介と言っても「亮子さんが書かれています」
とリンクしただけなんですが(--;
事後承諾になって申し訳ありません。
何か不都合がありましたら記事を変更しますので、よろしくお願い致します。

>すみれの親父さん

おはようわんです!
こちらこそご無沙汰しています。

> お久しぶりです。
>
> 私なりに出来る事。
> もっと考えなきゃいけないですね。
> 無理はせずに自分のペースで自分なりに出来る事を目指したいと思います。

すみれの親父さんは、プロの立場で一番、普通は崩せないところに気づかれた。
私ね、それがすばらしいと思っています。
叩く、蹴る、その「動作」そのものが、暴力である(しつけだという論法は
成り立たない)としていきたいですね。
だって、そうでなければ、すみれの親父さんが取り上げられた記事と同様で

「しつけのために叩いた」が、虐待死に発展する。
そういう人の心を正当化する行為は、いけないんだ、違うんだということを
プロが言っていかなければ、素人は悪いマネばかりしますものね。

>
> この記事を私のブログで紹介させて頂いたのですが、問題なかったでしょうか?
> 紹介と言っても「亮子さんが書かれています」
> とリンクしただけなんですが(--;
> 事後承諾になって申し訳ありません。
> 何か不都合がありましたら記事を変更しますので、よろしくお願い致します。

もっちろんです。
ぜんぜん問題なんてありません!
むしろ、また参考にさせていただいて私なりの記事を書きたいと思います。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/22 08:15分
  • [Edit]

コメントありがとうございました。

> 食べるわけでもなく、食べる必要もない動物に、苦痛を与えない。
> ただそれだけのことを、人が守ればよい話ではないかな…。


その通りだと思います。

人は、そして全ての動物は、命を食べて生きている。
逆に言えば、食べる為、及び自分が生きる為以外の理由で、他の命を奪う(もしくはそれに繋がるような)ことをすべきではない。

それだけのことだと思います。

人間以外の動物は、それをちゃんと守っている。

人間って愚かですね。
でも、それを正していくのも人間。

なんか宗教がかった(ありがちな)表現になってしまいましたが、今回の虐待事件で、色々な問題が少し判ったのは、自分にとってはプラスになりました。


これからの益々のご活躍をお祈りします。

>ちゃまさん

こんにちは。
先日の私のレス、ややこしかったでしょう…?

> > 食べるわけでもなく、食べる必要もない動物に、苦痛を与えない。
> > ただそれだけのことを、人が守ればよい話ではないかな…。
>
>
> その通りだと思います。
>
> 人は、そして全ての動物は、命を食べて生きている。
> 逆に言えば、食べる為、及び自分が生きる為以外の理由で、他の命を奪う(もしくはそれに繋がるような)ことをすべきではない。
>
> それだけのことだと思います。

はい、そのこと(命を食べて生きている)は、忘れてはいけない前提ですよね。
アニマルライツ論では、この部分をすっ飛ばして考えてしまわれる方も多いので
私は、それは違うんじゃないかなと言いたいです。
他者の命を奪わずには生きられないからこそ、他者の命をいとおしむ心を持って
いたいと思っています。

> 人間以外の動物は、それをちゃんと守っている。
>
> 人間って愚かですね。
> でも、それを正していくのも人間。

はい、その通りです。愚かだから人間なのかもしれませんね。
でも、正しいほうへ、歩いていきたいと思うのも人間ですよね。

> なんか宗教がかった(ありがちな)表現になってしまいましたが、今回の虐待事件で、色々な問題が少し判ったのは、自分にとってはプラスになりました。
> これからの益々のご活躍をお祈りします。

特定の宗教とは関係なく発言しても、命にかかわることを考えると
宗教的な表現にはなりますよね。宗教とは命を考えることですものね。
柴犬君を守ろうとしている人たちがいます。私は、その人たちが守りきると信じて
見守っています。
ただ、見守っているだけじゃなくて、その間にできること…直接その子を助ける
ことだけじゃなくて、繰り返さないために考えること…伝えること。
おかしいなと思ってみること…。そんなふうに考えています。

ちゃまさんに、私のつたない言葉から何かが伝わったのなら、私はとても嬉しいです。
ありがとうございました。


  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/23 15:37分
  • [Edit]

了承して頂きありがとうございます。

>プロが言っていかなければ、素人は悪いマネばかりしますものね。

先日近所で会ったブルドッグを飼っている方が、
訓練士に引っ張る子にはハーネスはだめ、
チョークチェーンにしなさいと言われた。
と言う方がいたんです。
本当はスパイクチェーンの方がもっといい。
とも言われたそうです。

ちなみにその方はチョークチェーンでしたが、
つけ方が逆で、その時も引っかかってしまいその子は吐いてしまっていました。
そして吐く事もよくあるのだそうです。
すぐにやめるように説明をしましたが、その後会っていないのでわかりません。

まだまだチョーク、スパイクが当たり前だと言うプロが多い。
悲しい事です。
これが間違っているという考えが、徐々にでも広まっていくよう、
私も頑張っていこうと思います。

>すみれの親父さん

こんにちわん!
なんだか、HNなのに「親父さん」ってちょっと申し上げにくいですね、
お年、おわかいんだもん~~~~!!

> 了承して頂きありがとうございます。
>
> >プロが言っていかなければ、素人は悪いマネばかりしますものね。
>
> 先日近所で会ったブルドッグを飼っている方が、
> 訓練士に引っ張る子にはハーネスはだめ、
> チョークチェーンにしなさいと言われた。
> と言う方がいたんです。
> 本当はスパイクチェーンの方がもっといい。
> とも言われたそうです。

私、訓練士養成のカリキュラムそのものにチェーンやスパイクがすでに
入っていることは、そろそろ考え直した方がよさそうに思います。
「道具は使いよう」「よい使い方をすればよい結果が得られる」って
若い…20代前半ぐらいの方が、学ばれるわけでしょう?
信じますよね。9割の犬が平気だとしても1割になんらかの害が出るなら
それは、「道具としてどうなの?」と考えた方がいいと思うんですが…。
ちなみにすみれの親父さんは、どんなふうに学ばれた(教えられた)のですか?
ぜひそのあたりが知りたいです。

> ちなみにその方はチョークチェーンでしたが、
> つけ方が逆で、その時も引っかかってしまいその子は吐いてしまっていました。
> そして吐く事もよくあるのだそうです。
> すぐにやめるように説明をしましたが、その後会っていないのでわかりません。

かわいそうに…苦しいはずなんですが…
「苦しがっている」という当たり前のことを、チョークを使う飼い主さんや
訓練士さんは、無視しているのでは? と思うときがあります。

付け方が逆。これはしょっちゅう見ますよね。
でも、私も理解が浅くて申し訳ないんですが、付け方は、飼い主が犬のどちらに
来るかで変わるでしょう? ということは、左につけるなら左につける、と
決めてないとダメですよね?あっちから車が来るからこっち側を歩いて…って
できないということですよね?

> まだまだチョーク、スパイクが当たり前だと言うプロが多い。
> 悲しい事です。
> これが間違っているという考えが、徐々にでも広まっていくよう、
> 私も頑張っていこうと思います。

プロの方にも、「道具ありき」を脱していただいて、使うにしても
慎重に使うことをまずお考えいただきたいですよね。
少なくとも、トレーニングを受けたことのない素人が使うことが
なくなるといいなと思っています…。
すみれの親父さん、がんばって!!応援しています!
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/24 16:24分
  • [Edit]

初めまして!!
色々なとこからとんできて、たどり着きました。

私はまだまだ専門学校で訓練、しつけの基礎しかわからないドッグトレーナーですが、いつかは飼い主さんとわんちゃん両方が幸せに過ごせるようにお手伝い出来るような仕事をしたいと思っています。
もともとドッグトレーナーになろうと思ったきっかけも、虐待や捨てられてしまうわんちゃんを少しでも救えたらと思ったからです。

小さな声を合わせておかしな世間を動かしていきませんか、という文章にとても惹かれました。

アメリカ研修でいろいろな方の講演を聞き、私も日本にはアニマルポリスは必要だと思いました。

私ももっと頑張ろうと思います。

ありがとうございました。
  • posted by ティアナ
  • URL
  • 2010.03/26 21:59分
  • [Edit]

>ティアナさん

初めまして、いらっしゃいませ!

初めまして!!
> 色々なとこからとんできて、たどり着きました。

え、え、え~? いろんなとこ? うわぁどこだろう^^;アセアセ


> 私はまだまだ専門学校で訓練、しつけの基礎しかわからないドッグトレーナーですが、いつかは飼い主さんとわんちゃん両方が幸せに過ごせるようにお手伝い出来るような仕事をしたいと思っています。
> もともとドッグトレーナーになろうと思ったきっかけも、虐待や捨てられてしまうわんちゃんを少しでも救えたらと思ったからです。

若くていらっしゃるんですね(^^)そして、やりたい!と志された勉強をされて、
そしてその道を歩み始めていらっしゃる。
とても、とてもうらやましいことです。そしてすばらしいと思います。

トレーナーというお仕事で、被虐待犬、遺棄犬を救う、これは、チャーリーママさんや
へちまこさんも望まれていることですね(たぶん、ご覧になっていらっしゃるかと思い
ますが…)
たぶん、「これからのお仕事」というか「これからの分野」ではないかと思っています。
そして、とても重要になる仕事だと私は思っています。
志を見失わず、がんばってください!
一人の飼い主として、嬉しく思っております。
>
> 小さな声を合わせておかしな世間を動かしていきませんか、という文章にとても惹かれました。
>
> アメリカ研修でいろいろな方の講演を聞き、私も日本にはアニマルポリスは必要だと思いました。
>
> 私ももっと頑張ろうと思います。
>
> ありがとうございました。

アメリカで見学もされているんですね(ああ、本当にうらやましいわ!)
なかなか、日本で愛護を考える人が、心に思っていてもできない勉強をされています。
どうぞ、活かしてくださいね。
つたない記事を読んでくださって、ありがとうございます。
お互いにがんばりましょうね!

  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.03/27 23:19分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。