今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウカイ心のリハビリ

ぶは~、コメント返しが遅れていてすみません。
シメキリというヤツが重なっておりまして、ようやく先ほど解放されました。
平家物語関係の文章を書いておりまして、なかなかはかどらず、ハイになった頭には

「傲れる平家は久しからず、そんなこといってないで誰かメシおごって~♪」とか
「ゴーストライターで名前は出せないってかぁ。。。チャンチャンチャラランラン♪ゴーストライターズ♪」

とか、もう誰か殴って的な不毛この上ないダジャレばかりが浮かんでおりました。

R0011919.jpg
し~~~~~~~~

今日は亮子地方、朝からずっと、雪がぱらつきました。雪というか、あられの小さいのみたいなの。粗塩を振ってるみたいな氷の粒が、パラパラ、パラパラ、音を立てて降ってきます。夜半には止むことになっています。

明日は、柏の葉公園でチャーリーママさんの出張お散歩トレーニングがある日なのですが、クウカイはお留守番。私だけが参加することになりました。クウカイに会いたいと思って下さるみなさん、ちょっと残念ですぅ。

R0011922.jpg
にゃは~~~~♪

実はクウカイは今、ちょっとした心のリハビリ中なのです。

Gシェパードのパピーを相手にずいぶんと大人げない振る舞いをしたのは、前の記事の通りです。そのときには、なんだかヘンだなぁ、いつものクウカイの調子と違うなぁと首をひねっていたのですが、記事を書いた数日後、シャレにならない出来事がありました。

R0011930.jpg
おかしゃんと一緒に、長い長いお散歩に行ったのよ~

お散歩で時々出会う、小型犬×4頭の家族がいるのです。
なんだか、見る度に一頭ずつ増えてる感じで(笑)いたって優しい、気のいい感じのご夫妻の子たちなのですが、この子たちがまた、吠える、騒ぐ、興奮して突進してくる(で、たくさんいるのでやかましい)団体生活をしている割には犬的お行儀があまりできていない子たちなのです。
それぞれ一頭ずつはごく普通に可愛い子たちなんですが…。

この日、いつものようにお散歩で出会ったこの子たちに、クウカイは、思い切り「マジギレ」したのでした。

普段なら「あ~あ~もう、キミたちウルサイ~」といいたげに、背中を向けて座ってしまうだけのクウカイです。ところがこの日は、一番良く吠えるヨーキーの子を、にらみつけたと思うとガガガガ~っとつっかかっていき、次にこれまたKYに私にチューしようと突進してくるフレブルの子に逆突進したかと思うと、首筋にかぶりつこうとします。
さすがに引き離して「落ち着け~!」と座らせようとしたのですが、威嚇モードから本気モードに変わりそうなほど、険悪な顔つきになり、鼻にしわを寄せて歯をむき出しながらうなり始めました

これは本当にやばいと思ったので、飼い主さんへの挨拶もそこそこに、立ち去らざるをえませんでした。飼い主さんは普段の温厚なクウカイの姿を良く知っている人なので「あら~、今日はどうしたのかしら」で済ませてくださいましたが、うっかりすれば、4頭の子たちにケガでもさせかねないような、そんなクウカイの振る舞いでした…。

R0011937.jpg
ここは大堀川ってとこなのさ~。
川沿いに延々とお散歩できるので、お天気のいい日はたくさんの犬連れで賑わってます。


先日のGシェパの子への振る舞いといい、今回といい、クウカイとしては「ありえない」ことでした。
穏やかに寛容に振る舞うことが、全くできないのです。
カーミングシグナルも、ほとんど出すことがありませんでした。

原因は、ひとつだけ、思い当たることがありました。
1月のお散歩トレーニングのときに、アリエス君とのセッションで、無理をさせすぎたこと…
私の不注意で、あやうく事故になるかもしれないシチュエーションを経験させてしまったことでした。

(アリ君のママさん、もし見ていたらあまり気にしないで下さいね。これから書くように、私の観察と解釈が間違っていたことが原因だったんです)

恐怖と興奮で我を忘れてしまったアリ君は、犬のシグナルが読める状況にありませんでした。
ですが、クウカイは、自分自身がとても怖かったので、なんとかアリ君を鎮めたくて、ありったけのシグナルを出し続けたのです。クウカイは怖がっていなかった、と書きましたが、本当は大きなアリ君が本気で怖かったのです。おびえたシグナルを出せば、決定的な攻撃を誘ってしまうのが犬の世界ですから、クウカイはありったけの勇気を振り絞って、恐怖を表すまいとしていたのでしょう。

私は、そのクウカイのシグナルを読み誤っていました。
そして、「挨拶はできるのかな」と近づけてしまい、危うくアリ君に咬ませてしまうところだった。
実際は歯も当たりませんでしたけれども、何があっても不思議ではないシチュエーションに、私がクウカイを無理に追い込んだといっても過言ではなかったのでした。

R0011924.jpg
よいお天気で、河川敷の公園の木では、ハトが鈴なりになって日光浴中でした

私が自分の大きな間違いに気づいたのは、空ちゃんとそら母さんが、へちまこさんのリデルちゃんとセッションを持った記事を読ませていただいたからでした。(そら母さんのブログで、数回にわたってこの貴重なセッションの様子が詳しく書かれています。本当にとても参考になりました。そら母さん、本当にありがとうございました)。

クウカイの今の態度には、あきらかにおびえがあり、不安定だということに気づいたのです。
空ちゃんの記事は、直接クウカイと結びつくことばかりではありません。ですが、空ちゃんの描写や、リデルちゃんの姿、空ちゃんへの対処の方法などを読んでいるうちに、これは、クウカイに使わなければならないことばかりだ、と思い当たったんです。

このセッションのことを書いたへちまこさんの記事も、合わせてお読み下さい。私がクウカイのことを相談するコメントを寄せさせてもらっています。そして、へちまこさんから、本当に丁寧なご回答をいただいています。

実は、このときチャーリーママさんが同席されていて、Gシェパの記事のことや、アリ君とのセッションも含めて、へちまこさんに話して下さったのだそうです。

へちまこさんの回答に書かれていますが、クウカイは、自信をなくしてしまった状態かもしれないということでした。

こういうことなんだと思います。
アリ君との接触で、クウカイはありったけの力で語りかけたのに、通じず、怖い思いをしてしまった。
しかも、「おかしゃんがやれっていうから」私が知らず知らずにかけた「期待」を背負って、私に助けを求めることもせず、がまんしきってしまったんです。

「もうがまんなんかするもんか」

とクウカイが思ったとしても、不思議はありません。
クウカイは自信を失ったと同時に、私への信頼感も失ったはずだと思います。

R0011942.jpg
尻尾ごし、向こうの川の中になにかいるね?

へちまこさんの回答の中で、私が本気で反省したのは
「犬に期待をしないこと」というひとことでした。
私は、クウカイにTeachingDogをしてほしい、と思ったことはありません。
ですが、「おだやかで、フレンドリーな犬として、回りの子と仲良くつきあう姿を見せて欲しい」
という強い期待をしていたことは、確かだと思います。

仲裁犬、小さな子やおびえている子に、やさしい犬。
たしかにクウカイは、たくさんの言葉を使い、やさしい犬でいてくれました。
でもそれは、「彼自身がそうしたいと思って行動した結果」でした。
間違っても、飼い主である私のためであってはならないわけです。

へちまこさんの言葉にあるとおり、TeachingDogは危険を伴うので、人が危険を回避するために注意を払わなければならない。クウカイとアリ君やGシェパのパピーとのセッションは、私が頭でどう思っているかにかかわらず、行動としてはTeachingを求めていたということになります。

R0011945.jpg
カモさんがたくさんいたね~。

>犬は、自分の好きな飼い主のためにいい働きをしたがるのだけど、
>それは、いやなことでも我慢してやろうとするとてもいいことなんだけど、
>その我慢は対犬の間ではすぐにキレやすいのね。


まさにその通りだったのでしょうね。
クウカイが「おりこうさん」であることに甘えて、私は彼を私のボランティア活動にかなり連れ回している感があります。自分では、無理をさせていないつもりでしたが、彼にとっては負担になっているのかもしれません。
とにかく、自分の犬語能力に自信を失わせてしまった今、クウカイにはこれ以上の無理はさせてはいけないのです。

クウカイに必要なリハビリは、
当面、知らない子、特にクウカイより体の大きな子や、吠える、突進するなど犬語を解しない子に近づけない。

気心の知れた「心の友」たちとふれあわせ、自信の回復につとめる。

万が一、他の子と険悪になりそうになったら、黙って素早くその場を立ち去る。

私自身との信頼関係を築き直す。

ことです。

普段であれば、お散歩トレーニングで新しい子と知り合うことを、クウカイは楽しむこともできたと思いますが、今はその余裕はないかもしれません。そして、クウカイのマジギレがまた出てしまえば、相手の子に深刻なトラウマを作ってしまう可能性もあるわけです。

R0011925.jpg
おかしゃんとお弁当を食べました~

チャーリーママさんからは、こんなコメントをいただいています。

犬の不躾な行動に今までの寛容さが見られなくなっている、ということではないでしょうか。
今まではスルー出来たのに。
犬としてはキレる、のは別に不思議な行動ではないですよね。
今までそれを出す必要がなかったけれど、対犬にナーバスになっているから
スルー出来ない、という感じかなぁ。


そうですね、いままでのクウカイが、おりこうすぎたのかもしれません。
というか、それだけ、私が「おりこうなクウカイ」を期待していた、のかもしれません。

私自身が、トラブルになりそうな犬の状況を見極めたり、冷静に対処することを学ばなければならないなと感じます。
あとは、これ以上ナーバスにさせないためには、私自身がナーバスにならないようにしなければならないのでしょうね。

R0011926.jpg
パンくれ~

そんなわけで、私はクウカイへの「ごめんね」の気持ちもこめて、先日少し長い散歩にでかけました。
一連の写真は、そのときのものです。
河川敷では、たくさんの犬連れが散歩していました。
ノーリードの子も少なくないので(汗)接触に気を遣いましたが…。
逆に、クウカイをスルーさせるよい練習になったかもしれません。

対犬にナーバスになっているということは、普段スルーできる状況がスルーできないということでもあります。
クウカイも、この日は必要以上に知らない子に寄っていこうとする場面が見られました。
他の子のパーソナルスペースを侵さない距離を見極めて、インターセプトしながら歩きます。

R0011927.jpg
うまうま~~~♪

臭い嗅ぎを十分にさせ、私とのやりとりを楽しみながら歩けるように考えます。
ときどき散歩に来るこの河川敷ですが、近所の散歩コースと違い、私の知り合いはまずいませんので、他の人や犬との交流を考えずに、クウカイと私だけのペースで過ごすことができました。
他者はたくさんいるのですが、いても気にしなくていい。そういう時間を作りたかったのです。

R0011939.jpg
途中にあったドッグラン。犬の絵がなんか残念な感じ~~

この散歩のあと、クウカイは、近所の散歩コースでも、つきあいたくない犬に対しては、相手に気がついた時点で地面のにおいとりを始め、相手が通過するまでそのままでいる、というようなシグナルを出すようになりました。
相手を確かめるような寄り方をすることが、少し少なくなってきた気がします。これはいい傾向かなと思います。

R0011955.jpg
おかしゃん、楽しいね。

ま、しばらくはこんな感じで。
犬との暮らしは、本当に人間が考え続けなければならないことばかりです。
関連記事

*Comment

初めまして。黒柴はなの飼い主、はなぷー。と申します。
これまでたびたび読み逃げしておりました。すみません。

今日の記事私にはとても勉強になりました。
はなとクウカイ君の性格と言うか・・・とても似てるんです。
弱い仔や他の仔には唸るような仔を前にしても、いろんなシグナルを出して近づき、仲良くなる。
チャーリーママさんからはキャバ柴と言われるくらい、
外ではおっとりの穏やかさん。
それでいて外の世界がまだ怖いパピーなんかに安心感を与える存在になれる仔なので、
私も「犬の選別ははなに任せる」と思いつつ、頑張らせてるところがあったかも・・・と反省しました。
信頼を失う、自信を失うのはたった一回、一瞬なんですね。
私も気をつけなければと思う記事でした。
亮子さん、ありがとうございます。

クウカイ君、自信を戻しつつあるのでしょうか?
回復してくれること、お祈りしてます♪
今日は晴れてよかったですね♪
長くなってしまいました。ごめんなさい。
またお邪魔させてください。
  • posted by はなぷー。
  • URL
  • 2010.02/14 11:49分
  • [Edit]

>はなぷー。さん

こんばんわん! ようこそおいでくださいました。

初めまして。黒柴はなの飼い主、はなぷー。と申します。
> これまでたびたび読み逃げしておりました。すみません。

いえいえ、私もみなさまのところで読み逃げ常習犯です^^;
どうぞ、お好きなときにいらしてくださいませ~。

>
> 今日の記事私にはとても勉強になりました。
> はなとクウカイ君の性格と言うか・・・とても似てるんです。
> 弱い仔や他の仔には唸るような仔を前にしても、いろんなシグナルを出して近づき、仲良くなる。
> チャーリーママさんからはキャバ柴と言われるくらい、
> 外ではおっとりの穏やかさん。

柴っコとしては、珍しいといわれる性格ですね。
素敵ですね。
ああ、でも日本犬だから、珍しい、穏やかだねって言われると、我が子に
よりいっそう、「日本犬らしからぬ」そういうところを期待してしまいそう。
わかる気がします。

でも、キャバ柴って^^;
キャバって、メガキャバのキャバとは…違いますよね^^;

> それでいて外の世界がまだ怖いパピーなんかに安心感を与える存在になれる仔なので、
> 私も「犬の選別ははなに任せる」と思いつつ、頑張らせてるところがあったかも・・・と反省しました。

はなちゃんも、今はいろんな子と仲良くなることを楽しんでいると思います。
でも、頑張っちゃってることは…どうかしら、あるのかも? ないのかも…。
わからないけれども…。

> 信頼を失う、自信を失うのはたった一回、一瞬なんですね。
> 私も気をつけなければと思う記事でした。
> 亮子さん、ありがとうございます。

そうなんです。たった1回、一瞬、です。
チャーリー組のみなさんは、自覚して対犬の付き合いをさせている方がほとんど
だと思いますが、自覚していなくて、「ウチの子、他の子と仲良しだったのに
遊べなくなったわ」っていう方も、少なくないと思うんですよね。
そのなかには、クウカイみたいな経験をした子もいるんじゃないかなぁと思います。

でもだからといって、対犬でビクビクしながらというのはよけいいけないと思うし、
やはりここは、クウカイをのんびりさせている間に、私はシグナルの勉強をして、
未然に防げる自信をつけていきたいなぁと思っています。

>
> クウカイ君、自信を戻しつつあるのでしょうか?
> 回復してくれること、お祈りしてます♪
> 今日は晴れてよかったですね♪
> 長くなってしまいました。ごめんなさい。
> またお邪魔させてください。

ありがとうございます。クウカイが自信を取り戻してるかどうかは、
まだまだ見極めがつかないんですが、失敗をさせないように、
成功を多くするように(だから気心の知れた子と遊ばせます)することを
続けて行きたいと思います。

今日も本当にたくさんの参加者でした♪
とても勉強になった一日でした~。

はなぷーさんにもいつかお目にかかれるかなと楽しみにしております(^^)
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.02/14 22:13分
  • [Edit]

ダジャレを言ったのはダレジャ~♪

締め切りお疲れ様でした~♪
ダジャレ・・・数年前だったら聞き流してしまうところ・・・ハハ(笑)ハマっていましました(笑)
クウカイく~ん、心配ですね~。
4頭の子たちには、ケガがなくて本当に良かったです。
ゆっくりゆっくり、自信を取り戻してくれるといいですね。
私も少し、茶々丸に期待してるとこあるかもです。
チワワは吠えたり怯えたり・・・そんな世間様の思い込みとはかけ離れた茶々丸。
自信に満ち溢れ、誰とでも友好的な茶々丸に、少し、優越感的なものを持っていたかもしれません。
茶々丸が「なんとなく今日はやめとくよ」ってかんじの時にまで、「〇〇ちゃん来たよ♪」なんてちょっと無理に近づけちゃったり・・・。
ワンコはワンコで考えてるんですもんね、無理はいけなかったと反省しました。
最近、誰にでも近寄るってのがなくなってきたんですけど、私が無理をさせていたからかもしれません。
自分も他のワンコさんと遊びたいから・・・茶々丸との散歩なのに、私、他のワンコさんに目がいきすぎていました。
最近は、私が他のワンコさんをかまっていると、「あっち行こうよ!」と引っ張ります。ヤキモチかな・・・。
  • posted by 茶々丸ママ
  • URL
  • 2010.02/16 13:33分
  • [Edit]

クウカイくんの写真がとっても楽しそうで嬉しい。
大好きなお母さんと2人で楽しいよね。
何も気を使うことないもんね。

今回の記事何度も読ませてもらいました。
私は亮子さんやその他の飼い主さんのように、犬に対して真剣じゃないのかもしれません。
でも、それがやまもとさんには逆によかったのかもしれない・・って思いました。
やまもとさんはとても穏やかな犬だけど、私何も期待してないんです。飼い主と仲良く暮らしていければいい・・なんて思いで一緒に暮らしていたので・・今の時代では時代遅れだよね(笑)でもそれがかえって今のやまもとさんのままでいられたのかもしれない・・

奥が深いよね。
私もやまもとさん嫌がっているシグナルは見逃さないようにしてあげなきゃいけない・・・って改めて思ったよ・・

クウカイくんには亮子さんがいるから大丈夫!
最後の写真、りゅうにあまりに似てて泣けました・・・(涙)
  • posted by yoshi
  • URL
  • 2010.02/16 18:47分
  • [Edit]

>茶々丸ママさん

こんばんわん!

> 締め切りお疲れ様でした~♪

ありがとうございま~す♪

> ダジャレ・・・数年前だったら聞き流してしまうところ・・・ハハ(笑)ハマっていましました(笑)

うん、おやじギャグをあたたかく聞けてこそ大人の女よ(爆)
ハマるのは、また別のスイッチかもしれませんけれど~~~♪

> クウカイく~ん、心配ですね~。
> 4頭の子たちには、ケガがなくて本当に良かったです。
> ゆっくりゆっくり、自信を取り戻してくれるといいですね。

なんとか、無事回復への道をたどってるみたいです。
今日は、4頭家族に会ったのですが(う~ん…やっぱり以前より吠えがひどくなってる…)スルーしてましたし、久しぶりに会う余り親しくない子への挨拶も、きちんとシグナルが出ていました。

> 私も少し、茶々丸に期待してるとこあるかもです。
> チワワは吠えたり怯えたり・・・そんな世間様の思い込みとはかけ離れた茶々丸。
> 自信に満ち溢れ、誰とでも友好的な茶々丸に、少し、優越感的なものを持っていたかもしれません。
> 茶々丸が「なんとなく今日はやめとくよ」ってかんじの時にまで、「〇〇ちゃん来たよ♪」なんてちょっと無理に近づけちゃったり・・・。
> ワンコはワンコで考えてるんですもんね、無理はいけなかったと反省しました。
> 最近、誰にでも近寄るってのがなくなってきたんですけど、私が無理をさせていたからかもしれません。

子犬の間は、成犬に許されることもあるし、興味もあるしで、誰にでも挨拶しようとしますし、できることなら挨拶はどんどんさせたほうがいいと私は思います。茶々丸ママさんのことだから、ちゃんと相手の飼い主さんとコミュニケーションが取れていると思いますし。

だからこそ「今日はやめとくよ」が、なんとなくでもわかる、という大きなメリットにつながってるのではないかしら。

> 自分も他のワンコさんと遊びたいから・・・茶々丸との散歩なのに、私、他のワンコさんに目がいきすぎていました。
> 最近は、私が他のワンコさんをかまっていると、「あっち行こうよ!」と引っ張ります。ヤキモチかな・・・。

そろそろ、大人になった茶々丸君は、自分のペースを守りたくなっているのかもしれません。ママとの時間も大事にしたいし♪
でも私も、他のワンコに目がいってしまうほうなんで^^;;ひとのことは言えませんってば~…
だけど、「自分の子をしっかり見る」これ、大事にしたいなと私もう~んと思っております♪
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.02/17 01:05分
  • [Edit]

>yoshiさん

こんばんわん!

> クウカイくんの写真がとっても楽しそうで嬉しい。
> 大好きなお母さんと2人で楽しいよね。
> 何も気を使うことないもんね。

そうそう、こういう時間を、しっかり取ってやらなければって痛感したの。
今までは、ともすれば「新しいところへ行って、新しいお友達を作って」って思ってた。
別に、一期一会を期待して行くなんて、犬的には必要ないことなんだよなって。
>
> 今回の記事何度も読ませてもらいました。
> 私は亮子さんやその他の飼い主さんのように、犬に対して真剣じゃないのかもしれません。

あ~、それは違う。yoshiさんが、りゅう君、やまもとさんとの長い犬経験で、力が抜けている、力の配分ができている、そういうことだと思います。

> でも、それがやまもとさんには逆によかったのかもしれない・・って思いました。
> やまもとさんはとても穏やかな犬だけど、私何も期待してないんです。飼い主と仲良く暮らしていければいい・・なんて思いで一緒に暮らしていたので・・今の時代では時代遅れだよね(笑)でもそれがかえって今のやまもとさんのままでいられたのかもしれない・・

何も期待しないこと、これって肩に力が入ってないこと、じゃないのかなぁ。
私は、良くも悪くも、クウカイが初めての自分で育てる犬だから。
しかも、みょ~にお利口さんだったから。
教育ママ入っちゃったのよ…^^;

>
> 奥が深いよね。
> 私もやまもとさん嫌がっているシグナルは見逃さないようにしてあげなきゃいけない・・・って改めて思ったよ・・

でもさ~、あのおめめ三角は、「見たくなるから困らせたくなる」にならないですか~?
私、その誘惑に負けそうです。
>
> クウカイくんには亮子さんがいるから大丈夫!
> 最後の写真、りゅうにあまりに似てて泣けました・・・(涙)

そんなに似てますか!! 私がりゅう君に会いたくなりました。
クウカイがスッカリ元気になったら、そのときはやまもとさんに会いに行きたいです。
やまもとさん、たぶん大丈夫だと思うんだな。カンだけど。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.02/17 01:11分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。