今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姑さん、亡くなる。

7月24日、お姑(かあ)さんが、長い病から解放された。

といっても、お姑さんと会ったのは、ほんの数えるほど。
長崎の、大村空港から諫早へ行って、諫早からまた島原半島を島原鉄道で回って…2時間半ぐらいはたっぷりかかってしまう、たいそう遠い場所。

結婚前に2回、そのうち1回は、長崎の実家へ挨拶にいったとき。1回は結納代わりの、両親たちとの食事会の席。それから、結婚式、そのあとは、長崎実家での結婚披露と、ダンナ弟の結婚式の時。

細い体で、早くから腰が曲がっていて、手足がリウマチで不自由。
高さも合わない土間の台所で、大家族の大きな鍋釜を満たしていた姿。

島原弁の早口では、私には3分の1ほど聞き取るのがやっと。
それでも、「ああ、よかよか!」が口癖のようで、子どもも生めない、気の利かない若嫁をせいいっぱい
励ましてくれていた。

ろくな孝行ができないまま、お姑さんは脳梗塞でもっと手足が不自由になり、寝たきりになり…
それでも、ダンナを帰すのが、せいいっぱい。私まで行けない不如意な生活。

寝たきりになってからは、脳梗塞のせいもあり、大変なわがままというか、ガンコというか、お舅さんの言うことも、ダンナ弟たちの言うことも、ほとんと受け入れなかったそうだ。
「ああ、よかよか、たいがいでよかよ」というおおらかなお姑さんは、どこかへ消えてしまっていたというのが、本当のところらしい。

先月、再々の発作で危篤に陥ったとの知らせ。またダンナだけ、帰して会ってきてもらう。
もう、お母さんは意識がなく、目だけは開けるものの、「帰るからね」といっても、わかっていなかったようだ、と帰ってきたダンナは寂しそうだった。

危篤を脱して、しばらくは流動食なども取れていたということで、安心していた矢先。
やはり、この暑さは、寝たきりの体に、心臓に、大きな負担だったに違いない、とダンナは話す。

お姑さんは、たった一人で静かに逝ったのだという。お舅さんが、見舞った直後に。

兄姉たちは、お母さんとの別れを、すでに「済ませていた」らしい。
会うことができなかった不肖の嫁は、お別れができずに、心の底に悶々とした思いが残る。

あまりにも縁が薄いダンナの親との関係。
それもそれで、さばさばしていい、なんていうものではない。
やっぱり、ダンナを育てた大事な親なんだから。

明日からの通夜・葬儀にも、ダンナをひとりで帰すことにした。

行けないことも、辛いのだ。
お姑さん、言い訳はしないけれど、元気なうちに、もっと会っておくんだった。
ごめんなさい。

もう、手足の痛みもなくなったから…とダンナは言う。
そのとおりだね。
ごめんね、お姑さん。

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。