今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園猫の避妊手術開始(追記あり♪)

2010年1月25日捕獲・26日手術、リリースキジメス
1月25日に捕獲器で捕まえたキジトラのメス。
生後7~8ヶ月程度。

ようやく、地域での飼い主のいない猫の避妊去勢手術に着手しました。
公園には、毎年数頭の猫が住み着いています。
毎年のように、子猫がどこからともなくやってきて(捨てられるようです)育ち、そしてどこかへと消えて行く子もいます。

あたちも公園出身よ
あたちも、ストリートにゃんこだったんだけどさ。
あんまりイイコトなかったわよ。
ヤな白おやぢとバカ犬のいる家だけどさ、
公園よかちょっとはマシにゃんだわさ♪


めめを保護した頃から去年の春頃までは、めめの他はオスばかりだったのですが、暮れ頃から若いメスが3頭も確認できました。夏頃生まれた子たちかなぁ。オス3頭、メス3頭を確認しています。

そして先日。ご飯を食べている女の子たちのシリを嗅ぎ回るでっかいオス猫…
やばし。今年もシーズンが始まりそうです。

協力獣医さんに連絡を取ると
「もう春ゴの仕込みにかかってるから、早くしないとダメだよ~」
センセイ、仕込みって…^^;;;;

この先生は、篤志で安く野良猫たちの避妊手術をしてくださっています。
近隣のボランティアたちの、「頼みの綱」みたいな先生、ですね。
1日に多いときは7~8頭も手術するんだそうです。かなり、豪快。

1月半ばに、捕獲作戦を開始しようと、公園猫に餌をやってくれている人と話して、捕まえてもらうことに。
ですが、やはりそこはノラ育ち。すり寄ってきても、抱き上げられることに慣れてはいないので、結局餌やりの方が引っかかれて結構な傷を負ってしまい^^;;(革手袋持参したんですが、軍手で大丈夫とおっしゃるので、まぁいいかと思ってたら、やっぱり危なすぎでした)

捕獲器を購入しました。
少しお高かったのですが、国産で、かかった猫が安全なものを選びました。

昨夕、ボランティアのメンバーの、アルママ、アル大ママ、JOJOママと仕掛けに行きました。
ドキドキ…入ってくれるだろうか…。
仕掛けて5分後、餌やりの方が
「入ったみたいだけど~」

走って行ってみると、首尾良くメスの1頭が…

オリの扉をガンガン両前足で叩いて大暴れちぅ!

でした。すっさまじぃ勢いです。普段は、かわいらしい子なんだけど…^^;;
そりゃ、怒るわなぁ…

JOJOママが翌日病院へ連れて行ってくれるので、オリごと車の荷室で一晩すごしてもらうことに。

翌朝、JOJOママとラプルママが病院へ行ってくださり、私が午後、手術が終わった子を引き取って帰ってきました。獣医さんいわく、すでに発情の兆候が出ていたそうです。
最近、餌やりの方が「数が減っているみたい」とおっしゃっていたのですが、それは…発情したメスを探してオスが旅に出はじめているのだと思います…。



公園でのリリースの様子です。
初めてのことで心配していた餌やりの方に、リリースを確認してもらいたかったのですが、お留守だったので、YOUTUBEにアップしてあとで見ていただくことに。

猫が走り去った向こうの道路は、商店街裏手で、袋小路なのでほとんど車は入ってきません。
それでも、営業車などが入ってこないのを確認して放しました。このあと、この子のきょうだいの、白地にキジぽちのメス猫と合流して、裏手の家の庭へ入って行ったところまで確認しました。たぶん、そこの家の縁の下などが、普段の寝場所になっているのかもしれません。

私は、餌やりはしません。ボランティアのメンバーもみな同じです。
ただ、避妊手術に連れて行って連れて帰って。それだけ。
だから、猫には恨まれるし、嫌われます。徹底的に憎まれ役σ(^瓦^;;
でも、それでいいと思っています。
願わくば、この猫たちが、命をまっとうしてほしい。
猫たちは、かわいがってくれる人もいるけれども、おおかたの家の人からは、庭を汚すといって嫌われています。

「庭に子猫がいるんだけど、どうしたらいいでしょう?」
っていう電話が、春先にかかってきます。
どうしたらもなにも、放っておいていただくほかない…んですが…。
嫌いな方は、子猫がいるだけでもがまんできないもの。
ひと思いに捕まえて保健所へ、それも、人としてできないものなんでしょうね。
追い払いたい、という気持ちを持つことも、ご自身で嫌に思われるでしょう。

だから、せめてこの子たちがこれ以上増えないように。
イヤだ、と思う方が1人でも少なくなるように。
静かに、元気に一生を全うできますように。

しばらくは、餌場に出て来てくれるか、心配な日々になりそうです。

【1月28日追記】
今日の夕方7時頃、公園の餌場にて、この子の無事を確認しました(^0^)
意外に耳カットが目立たず、暗い中ではわかりづらかったのですが、元気いっぱい。
食欲もりもり、餌やりの方が置いてったご飯をがっついてました。
心配した警戒心も、それほどひどく神経質にはなっていないようです。
私の声や匂いは完全に覚えているはずですが、近くまで来てくれました。
これで安心して次の子の捕獲作戦に入れます…。


関連記事

*Comment

亮子さん、皆様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

地域猫や外で頑張っている猫たちをみるたびに
>願わくば、この猫たちが、命をまっとうしてほしい
と、心から思っています。

この子達の命は家猫から比べるとはるかに短い・・
だからこそ命をまっとうしてほしいと思っています。

我が家の近くの公園にも地域猫が沢山います。
私もえさやりはしません。
だけど相談を受けたときは、病院に搬送したり。。と自分に出来る範囲のことはやっています。

命をまっとしてほしい。ただそれだけを願ってます。
  • posted by yoshi
  • URL
  • 2010.01/28 20:07分
  • [Edit]

>yoshiさん

こんばんにゃんこ!

> 亮子さん、皆様お疲れ様でした。
> そしてありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。
yoshiさんも水面下で(?)がんばってらしたのね。
そうよね、ハッピー姉ちゃんとラッキー姉ちゃんの姉ちゃんだものね。
お疲れ様です。

>
> 地域猫や外で頑張っている猫たちをみるたびに
> >願わくば、この猫たちが、命をまっとうしてほしい
> と、心から思っています。
>
> この子達の命は家猫から比べるとはるかに短い・・
> だからこそ命をまっとうしてほしいと思っています。

そうですね。どうしても…短い。
だから、手術を受けさせて、痛くて怖い思いをさせたあげくに、
事故にでもあったら、誰かがいじめたら、ご飯も食べられないほど体調を崩していたら…
そんなことを考えるといたたまれません。
昨日は、この子を確認できず何度も何度も公園に行ってしまいました。

> 我が家の近くの公園にも地域猫が沢山います。
> 私もえさやりはしません。
> だけど相談を受けたときは、病院に搬送したり。。と自分に出来る範囲のことはやっています。
>
> 命をまっとしてほしい。ただそれだけを願ってます。

心配する人間の思いをよそに、生き抜くたくましさを持っているとも思います。
半分野生、半分人に依存して生きる動物。
犬よりずっと猛獣で、犬よりずっと勝手で。
なんともいえずいとおしくなります。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/28 22:05分
  • [Edit]

そうそう。扉を開けたとたん、脱兎のごとく走り去るのよね。

3年前に港でリリースした子は、その後2度と姿を見せてくれなかったけど、きっとどこかでのびのびと暮らしていると信じています。

もうすぐ春のシーズン到来だわね。
こちらでもボラ仲間は活動開始です。



  • posted by ぐーぐー
  • URL
  • 2010.01/29 01:50分
  • [Edit]

>ぐーぐーさん

こんにゃちわ~。
シーズンですねぇ。お疲れ様です!

> そうそう。扉を開けたとたん、脱兎のごとく走り去るのよね。

ある意味、見慣れた光景^^;;;ううぅうぅ…

> 3年前に港でリリースした子は、その後2度と姿を見せてくれなかったけど、きっとどこかでのびのびと暮らしていると信じています。

心配してもはじまらない…でも心配…猫の生きる力を信じるしかない。
こちらでは、餌やりの人が不妊手術を恐れていらしたために、無事を確認しないと先に進まないかもっていう懸念もありました。

本当に、辛い思いをさせたのだから、のびのび暮らして欲しいと思いますね。

> もうすぐ春のシーズン到来だわね。
> こちらでもボラ仲間は活動開始です。

はじまってるよ~。一昨日かな、「例のだみ声」をハッキリ聞きましたorz
寒い日が続いて、ぱっと寒気がゆるんだ暖かい日が来ると、シーズンも来る感じがします。
協力病院は連日、キャリーを下げたボランティアで大賑わい状態です。

  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/29 15:29分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。