今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころがけたいこと♪2010

2010年寒中お見舞い申し上げます

昨年は、ぽむを通じて、愛護の活動の、ひとつの目指す場所というか、
ここへ気持ちを持って行こう、というのができた気がしています。

一口に動物愛護などと言うけれども、とても狭くなりがちだと常々考えています。
一番心が痛むのは、動物たちの悲しい運命を巡って、人同士が責め合うことです。

そのことを一番感じたのは、ねりま猫の活動のときでした。
皆が口を揃えて、猫たちの元飼い主をののしりました。
そして、レスキュースタッフたちが少しでも元飼い主さんに同情的であると、それをも責めようとする。
さらには、動物たちさえ助かれば、人間などどうでもいい、と公言する人が少なくなかった。
元飼い主さんの、人間的な生活の行き詰まりや精神的苦悩、心身の病気に目を向けようともしない。
私は、非常に疑問に思うことだらけでした。

人間に優しくなれない人間は、どんな動物にも優しくなどなれません。
動物への本当の思いやりがある人間は、他の人間を責めることで問題解決しようとはしません。

今日の大河ドラマ第1回を見た人は、福山龍馬の「憎しみからは何も生まれない」という言葉を
印象深く聞いたかと思います。

その通りです。
怒り、憎しみ、誰かを責める気持ちからは、何ものも生まれて来ません。

ですが、だからといって、あるべきでない事柄を許すことではない。
これは、犬を「叱らない」ことが、「NOを言わない」こととイコールでないのと全く同じです。

犬を叱らない。
他人を責めない。
そこから、次のステップを生み出すには何が必要か。

相手を理解しようと務めること。
相手とともに、問題点をクリアしようと、前向きに考えること。
問題点の原因を探り、解決の方法を試行錯誤すること。
解決の方法がみつかったら、二度と問題点を繰り返さないためにはどうすればよいか考えること。

すべての解決の糸口は、観察にある、と思っています。
対象を、無私に見つめること。

犬と猫に限定していえば、できる限り擬人化しない観察をしよう、と思います。
動画はそのいい手段ではないかと思います。
がんばって動画を撮ろうと思っています。

それともうひとつ。
「なんだかヘンだな、おかしいな」と思うことを、そのままにしない。
たとえそれが、常識になっていることでも、権威ある場所から発信された情報であっても、です。

情報過多社会の中では、正しい情報を選んでいくことがとても難しくなっています。
最終的なよりどころは、自分の良心であり、人間としての心でしょう。
ただしそれが、針のふれすぎた場所に行ってしまってはならない。
どこにバランスポイントがあるのか。

その見極めをしていくためにも、やはり事実を見つめる観察が欠かせないのではないかと思います。

とはいえ、この寒中見舞いみたいなおバカな擬人化、情報操作も、私、実は大好きなんですけれどネ♪♪







関連記事

*Comment

気合を入れて書き込みをしたら、スパムコメントと判定されましただって。トホホです。
  • posted by くりママ
  • URL
  • 2010.01/04 00:09分
  • [Edit]

>くりママさん

あれれ~、どうしてでしょ?
何もこちらのブログのコメントでは設定入れてませんので…。
何か、スパムコメントと勘違いされるような文字列があったのかも。
めげないでコメント入れてみて下さいね~^^;
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/04 00:22分
  • [Edit]

亮子さん、今年もよろしくね!

亮子さんの言ってることすごくよくわかります。
私ね、ものすごく亡父を人として尊敬してたの。私にいつも「優しくね、優しくね。優しい事は強い事」だと教えてくれました。
優しくされなければ優しくできないですよね。人間も動物も。

(でも、私もオバカな擬人化は大好きです・笑)
  • posted by yoshi
  • URL
  • 2010.01/04 09:16分
  • [Edit]

明けましておめでとうございます。

昨年はチャーリーママさんを通じて、亮子さんとの出会いがあり、
私とはなにとってとても幸せなことでした。
たくさんの気づきをありがとうございました。
今年も、どうぞはなとおかぁちゃんの成長を見守って下さ~い。

亮子さんのおしゃっていることよーくわかります。
私は甘いと言われたとしても、『自分に優しく、まずは自分を大切に』を
もっとーに生きています。
自分に優しいって実は簡単じゃないと思うんです。
甘やかしとは違うから。
本当の優しさは強さですもんね。
自分に余裕があれば、きっとその人の気持ちに立ったものの
考え方が出来ると思いますし…

私もまだまだ知らないことばかりです。
いろいろと教えて下さいねぇ。
今年もはなとおかぁちゃんをどうぞよろしくお願い致します♪
  • posted by はなのおかぁちゃん
  • URL
  • 2010.01/04 11:21分
  • [Edit]

>yoshiさん

こんにちわん!
お返事が遅くなりました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします~♪

> 私ね、ものすごく亡父を人として尊敬してたの。私にいつも「優しくね、優しくね。優しい事は強い事」だと教えてくれました。
> 優しくされなければ優しくできないですよね。人間も動物も。

お父様のことって、ブログにもときどき、書かれていますよね。
yoshiさんmitsuさんが、やまもとさんの「兄ちゃん・姉ちゃん」なのも、
お父さんがいらっしゃるから、なのね、きっと。
優しいことは強いこと、そうありたいです。しなやかに、強いのね、きっと。
さしづめ、やまもとさんはyoshiさんの優しさの結晶に違いない。
>
> (でも、私もオバカな擬人化は大好きです・笑)

でへへ~♪ よかったわぁ~(笑)
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/06 16:34分
  • [Edit]

>はなちゃんのおかぁちゃん

こんにちわん!
お返事が遅くなってごめんなさい。

> 昨年はチャーリーママさんを通じて、亮子さんとの出会いがあり、
> 私とはなにとってとても幸せなことでした。
> たくさんの気づきをありがとうございました。
> 今年も、どうぞはなとおかぁちゃんの成長を見守って下さ~い。

こちらこそ、チャーリー組随一ともいうべきおかぁちゃんのがんばりを
見せていただき、参考にさせていただくことばかりです~。
はなちゃんお顔変わってきてるんですもの。すごいですよ~。

>
> 亮子さんのおしゃっていることよーくわかります。
> 私は甘いと言われたとしても、『自分に優しく、まずは自分を大切に』を
> もっとーに生きています。
> 自分に優しいって実は簡単じゃないと思うんです。
> 甘やかしとは違うから。
> 本当の優しさは強さですもんね。

おお、おかぁちゃんも「優しさは強さ」とおっしゃるのですね。
甘やかしとは違う優しさ。これぞチャーリー組の神髄かなぁ。
叱りとは違う厳しさ、甘やかしとは違う優しさ。
自分にも、他人にも、ワンコにも。

> 自分に余裕があれば、きっとその人の気持ちに立ったものの
> 考え方が出来ると思いますし…

そこが、実は一番難しいところでは、と思うんです。
私自身、ときどき、いやしょっちゅう、頭に来ては余裕なくしてますし^^;;;


> 私もまだまだ知らないことばかりです。
> いろいろと教えて下さいねぇ。
> 今年もはなとおかぁちゃんをどうぞよろしくお願い致します

こちらこそよろしくお願いいたします!
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/06 16:39分
  • [Edit]

亮子さん、お散歩トレーニングではお世話になりました。これからももっとちょくちょくお願いしたいです!

私もボラさんの口から「そんな(老犬をセンターに持込む)やつは誰にも看取られずにしねばいい」という言葉を聞いたとき、なんか複雑な想いがありました。命を救うためにがんばっても、センターにはいってくるこの数が減らなければ何も変わりません。一生懸命活動をされている方ほど、そう感じ、人間不信?になってしまうのかもしれませんね。

でも、みんながみんな自分と自分の家族以外の命を大切にしない人・動物をお金儲けの道具としか思っていない人ばかりでもないと思います。

迷い子になっても探す手段を知らない人も多いと思います。介護に疲れて疲れて思い余ってという人もいるかもしれません。インターネットをやらない人はほとんど情報をもっていないかもしれません。
センターというところの現実を知ってもらうこと。家族をやむを得ず手放さなくならなくなった時、自分で次の家族に責任をもってバトンタッチするとこもできるということ。病気や老いで経済的にどうにもならなくなった時、そばに居て見守ってあげるだけでその子は幸せなのかもしれないということ。そして、介護に疲れた時、吠えや噛み付き等の問題行動でどうにもならなくなった時、どこかに助けを求められるところがあればいいなと願っています。
チャーリーママさんのお散歩トレーニングはそんな場所のひとつだと思います。そして、私はいつかいつか介護に疲れた飼い主さんのお手伝いができるようになりたいと思っています。
今年もよろしくお願いします
  • posted by くりママ
  • URL
  • 2010.01/08 14:41分
  • [Edit]

>くりままさん

> 亮子さん、お散歩トレーニングではお世話になりました。これからももっとちょくちょくお願いしたいです!

こちらこそ、お会いできて本当に嬉しかったです。
お散歩「自主トレ」を企画してもいいかもですね!

> 私もボラさんの口から「そんな(老犬をセンターに持込む)やつは誰にも看取られずにしねばいい」という言葉を聞いたとき、なんか複雑な想いがありました。命を救うためにがんばっても、センターにはいってくるこの数が減らなければ何も変わりません。一生懸命活動をされている方ほど、そう感じ、人間不信?になってしまうのかもしれませんね。

聞くのも、たぶん言うことも、つらいことばですね…
人間不信になるのもわかる気はしますが、本当に人間不信にならずに、辛抱強くされているのが、センターで働く方々ではないか、と思います。頭がさがります。
辛抱強く、センターに行く子を1頭でも、寸止めでも、していきたいですね。

> でも、みんながみんな自分と自分の家族以外の命を大切にしない人・動物をお金儲けの道具としか思っていない人ばかりでもないと思います。

そのとおりですね。

> 迷い子になっても探す手段を知らない人も多いと思います。介護に疲れて疲れて思い余ってという人もいるかもしれません。インターネットをやらない人はほとんど情報をもっていないかもしれません。

私自身、お友達から聞いた話ですが、やむにやまれぬ境遇になってしまって思いあまり、大事にしていた犬をセンターに連れて行った人のことを聞きました。翌日、思い直して「返して」と言ったそうですが…遅かったんだそうです。ずっと、その方は泣いていらっしゃると聞きました。そういう人を、どうして責められるでしょうか。もう、一生背負うような罰を受けてしまっているのですから。

> センターというところの現実を知ってもらうこと。家族をやむを得ず手放さなくならなくなった時、自分で次の家族に責任をもってバトンタッチするとこもできるということ。病気や老いで経済的にどうにもならなくなった時、そばに居て見守ってあげるだけでその子は幸せなのかもしれないということ。そして、介護に疲れた時、吠えや噛み付き等の問題行動でどうにもならなくなった時、どこかに助けを求められるところがあればいいなと願っています。

1週間、いや3日でもいい、思いとどまってくだされば、救う道は開けるもの…。
そのために、人同士がつながっていたいですね。

> チャーリーママさんのお散歩トレーニングはそんな場所のひとつだと思います。そして、私はいつかいつか介護に疲れた飼い主さんのお手伝いができるようになりたいと思っています。
> 今年もよろしくお願いします

くりママさんも、「そんな場所」のひとつですよね。間違いなく^^
今年も一緒にがんばりましょう!
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2010.01/09 15:13分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。