今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウジ、食え食え!!







ソウジの体重は、もう4,2キロまで減ってしまった。
また10日間で400グラム。でっぷりパンパンだった体は、もう見る影もなくげっそりしている。ただ、もともとがでっぷりパンパンだったおかげで、皮があまってタプンタプンなので、見た目がガリガリになるのがかろうじてまぬかれているという感じ。

あれから、痛み止めのメタカム(メロキシカム)のシロップを1日0.2CCずつ飲み始めて、どうやら痛みが軽くなったらしく、よく動き回るようになった。そして、なんと!声が出るようになった!!! ソちゃんのかわいい声が戻ってきた。

これは、何よりうれしかった。おしゃべりな子が、おしゃべりすらできなくなって何も言わずに(言えずに)黙っているのは、こちらもつらかったから。どうやら喉の辺りに炎症があったのだろう。だからメタカムで腫れがひいて、声が出るようになった・・・ようだ。<それ以上のことはわからないけれど。

ただし、消炎鎮痛剤は、胃腸障害が出やすい。メタカムはそれでも、副作用が極力抑えられている薬ということだが、やっぱり吐き気が出たり、食欲の大きな回復には至らない感じがあった。
1週間に1度ぐらい、皮下補液をすることで、体力の消耗を防ぎましょう、ということになった。ソルラクト液にフラビタンというビタミンB液を入れて、たっぷり「背中に背負わせる」。と、タプンタプンにはなるけれども、帰ってくると調子が良くなるらしく、食欲も戻ってくるのだ。

口内炎は、やはり良くならないどころか、なんだか不気味に盛り上がってきていた。これも、扁平上皮がんの疑いがあるとのこと。もしがんであれば、喉の奥からずっと繋がっている可能性もあって、切除も難しいだろうということ。以前、ほかにもFIV陽性で、同じくのどの片側だけががんでふさがった子がいたそうだ。その子は、それでも一生懸命食べて、3~4ヶ月の命を保ったという。

猫の3ヶ月は人間の1年。

とにかく ソウジ、食え食え!!

この日、ソウジは久しぶりにカンパチの刺身を3切れと、アジのタタキを大さじ二杯ほど、食べた。テーブルに飛び乗ってきてまで欲しいというのは、本当にお正月以来のことなので、こちらも大喜びしてたべさせた。ソウジは、それを30分ぐらいかけて、おいしそうにおいしそうに一生懸命たべた。

そしたら、翌日は下痢。
ご飯も欲しがらなくなってしまった。
食べすぎたのだ。

またしても大慌てで病院へ電話。また皮下補液して、1日絶食させることになった。

刺身を数切れなんて、ソウジが元気なころなら、10秒で完食!!という量でしかない。他猫の分まで横取りして食ってたお前が、どうした!? 悲しいよ母ちゃんは。

幸い、絶食後には、また食欲が復活して、写真は療法食を食べてるところ。療法食はまる1日食べたら、もう嫌がって食わなくなった。i/dとかa/dとか、美味しいはずなんだけれどな~。。。なんでお前は安缶が好き??栄養ないのにな~。消化も悪いのにな~。。。

なんか、目つきがだんだんぼや~っと焦点があってないような、ねぼけてるような顔つきをしていることが多くなってきた。おっきなお目目ぱちくりクリクリのソちゃんの顔でいるときも、もちろんあるんだけれども。。。

クカも、どんどんちっちゃくなってく兄ちゃんに、少し戸惑い気味。自分がデカくなってるだけじゃないのに、気がついているのかな。兄ちゃんが幾分元気なときは、やっぱり追っかけてしまうしょうがねぇガキなのだが、ときおり、兄ちゃんを気遣うそぶりもみせる。ソちゃんにとっては、それも迷惑らしいけれども(苦笑)

今、ソウジのお気に入りは階段の上の手すりで寝ること。
下は1階まで吹き抜けなので、こっちはいつ落っこちるかと思ってヒヤヒヤしているのだけれども、体調が悪い猫は、高いところか狭いところか暗いところに寝たがる。まぁ痩せても枯れても猫、落ちるような無様なことはしないだろうけれども・・・やっぱり母ちゃんは心配!

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。