今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウジの残してくれたもの


送り出す

6月11日午前、ソウジを火葬にした。
ソウジが死んですぐ、火葬の手配を電話でした。車で30分ほどの場所に、何箇所か動物の霊園兼火葬場がある。実は、レイとタクをもらってきたのも、そのあたりの動物霊園で、遺棄動物の保護もしているところだった。タクのときは、「もらってきた場所で」とそこの霊園で荼毘に付した。ソウジも、と思っていたのだが、あいにく日曜は休みだった。10日中ならば、間に合うかもしれなかったが、今の今、息を引き取ったばかりなのに、あわてて火葬なんて、できるわけがなかった。日曜日も火葬を行っている場所が幸いすぐ近くにあったので、連絡し、時間を決めた。

ソウジを、あらかじめ買ってあったきれいなダンボールに私のお古のセーターとソウジの寝床に使っていたバスタオルを敷き、寝かせた。ソウジの姿は、死後硬直が始まるまでに自然なまあるい寝姿に整え、日本手ぬぐいを巻いて固定しておいた。手足を伸ばしたまま硬直してしまえば、箱にも収まらないし、何よりも痛々しい。目を閉じさせるのと同じで、いわばエンバーミングである。

実は、タクが死んだとき、死後かなり長い間(1時間ぐらいだろうか)病院へ連れて行って蘇生措置をしてもらったりしていたために、目も閉じさせられず、舌も出たまま、姿も手足が伸びきっていて、悲しい姿のままになってしまった。

ソウジのお棺にするダンボールをあらかじめ買ってあったなんて、非情な飼い主だと思われるかもしれないが、ソウジの、遠くない死を覚悟して心の準備をするために、そういうものを用意することは悪くないのではと思う。死んじゃった! というショックの中で、そういうものを買いに走るのは(特に車を運転してなんていったら)危ないしよくないと思う。ありあわせの箱があればそれで十分なのだが、箱とか袋は、欲しいときに丁度いいものがないのがお決まりだ。

ソウジは、ごたぶんにもれず、ダンボール箱の好きな猫だった。きっちり、くるりんと収まって、気持ちよさそうにすやすや寝てたっけ。今のソウジも、そのまんまの姿だ。
お線香と水と、猫缶やカリカリやオヤツを、いままでソウジが使ってた器に入れて供えてやる。

今年はそれほど暑くないのが幸いだが、やはり遺体が傷むとイヤなので、ケーキやナマモノについてくる保冷材が冷凍庫にいくつかあったのでそれをペットシーツにくるみ、ソウジの体の下に入れた。祖母がなくなったのも6月で、たくさんのドライアイスを遺体の下に敷いたら、着せた浴衣がびっしょりになって、「おばあちゃん、冷たそうだ」と家族みんなで悲しく思った。猫は小さいから保冷材でも十分役に立つし、ペットシーツにくるめば水滴で体が濡れることもない。ごめんね、冷たいのは嫌いなのにね。

それから、クウカイの散歩に行った。
どんなに悲しくたって、クウカイは元気で生きてる。さきほどまで、人間たちがわぁわぁ嘆き悲しむ中で、何がおこったのかよくわからないながら、神妙にしていたクウカイもかわいそうだった。
もう、ソウジを気にして散歩を短く切り上げる必要も、なくなってしまった。

翌朝、母に、庭の花でソウジに手向ける花束を作ってもらう。最後まで、庭に出ること、外の空気を吸うことを楽しんでいたのだから、庭の花も一緒に送ってやろう。猫草の束も作って一緒に添えてやる。

荼毘

夫にソウジの入った箱を持ってもらい、霊園へ。
道々、車に乗せるとソウジはカーブでにゃあにゃあ文句を言ったとか、最近はちっとも啼かなくなったとか、そんな話をしている。運転しながら泣くわけにいかないし、私にとっては運転そのものは気持ちを落ち着かせるものなので、ソウジに文句を言われないように、静かに車を走らせる。

霊園では、火葬の準備が整っていて、すぐに案内された。
ソウジを入れた箱ごと火葬にしてもらうつもりだったが、それでは紙や布の灰で本来の灰がわからなくなってしまうとのことで(まあそれでも骨だけ拾えればいいかなと思ったが)ソウジを箱から出して、火葬の台に移すことになった。

ソウジの箱を開けたとたん、係りの人が「ああ、本当に眠ってるみたいですね」と言ってくれた。
変な話だが、悲惨な姿を見てしまうことだって多々あるんだろうと思う。ソウジのように静かに逝った子ばかりじゃなかろう。

台の上にタオルだけ敷き、ソウジを抱いて横たえる。かちんこちんの、冷たい体。
夫の着古したTシャツの切れ端をまいて枕にし、花束と猫草を載せる。係りの人が、カリカリを紙皿に盛って、一緒に供えてくれた。「ソウジ、よかったね、おいしいのもらったよ」

焼香台で焼香し、ソウジにタオルがかけられ、炉の中に入れられる。
炉に点火する、ゴォっという音は、何度聞いても胸が張り裂ける音だ。
待合室へと促されても、私はその場を動けず、声を上げて泣いていた。

タクのときには、あまり泣けなかった。
あまりに突然だったのと、そのときの私の状況がいろいろあって、ゆっくり悲しんでいる時間も心の余裕もまったくなかった。タクを火葬にしたかしないかに、職場に電話をしているような状況だった。
あれは、やっぱりよくなかったと思っている。

45分ぐらいだろうか、係りの人が、準備ができたと呼びに来た。
まだ熱い炉から出されたソウジは、きれいなお骨になって横たわっていた。
不思議と、もう涙がでなかった。骨そのものが、即物的な感じがするものだからかもしれない。
だけど、そのまだ温かい骨片がいとおしいことにも、変わりはなかった。

骨は、タクより太いように思えた。病気をすると骨がもろくて残らないというが、ソウジの骨はしっかり残っているし、あまり変色もしていない。「これ、がんのとこかな?」という、いびつな丸い塊があったが、箸でつかむとほろほろと灰になって崩れた。猫は小さいので、「渡し箸」なんてする必要がない。小さな骨壷に脚からひろいあつめ、ときおり、係りの人がそれを砕く。最後に、頭の骨をのせるまで、せいぜい15分もかからないだろう。

ソウジは、ちっちゃな骨壷にすっかり収まり、きれいな錦の骨壷袋に入れられて夫の膝に納まった。

ペットロス?

ソウジは今、そのきれいな骨壷袋におさまったまま、ウチの居間に安置されている。
生前のかわいい写真を選んで焼き、お骨の前に並べてある。ラプルママさんとパパさんからおもいがけず花束をいただき、これもソウジの「祭壇」を優しく飾っている。

遺体が家にあるあいだ、現し身のソウジへの「執着」(この場合、仏教用語の「しゅうじゃく」だろうか)は大きかったが、お骨になってしまうと、少しずつおちついてくる。ただ、ソウジが生きているときの話や、ソウジが今、どこらあたりに行っただろうか、なんていう話をすると、涙が出てくる。

外へでかけて帰って来ても、ソウジはにゃあ、と迎えてくれない。
息も絶え絶えでも、シッポをわずかに振ってくれてた、それがどれだけ大きなことだったか。
レイとクウカイにはすごく慰められるのだが、ソウジのあけた穴は、容易にふさがらない。

それでいいんだ、と思う。それで当たり前だと。

夫もかなり疲れ果てていて、だるくてたまらないという。
一種のペットロスの心身症のようなものらしい。
これも、当たり前だ。

それでも夫は会社に行き、幸いにもやさしい仕事仲間たちに話を聞いてもらい、慰められているようだ。
私は私で、このブログでたくさんの人にはげまされ、そして友人たちに慰められている。

スーパーで買い物をすると、魚売り場がちょっとだけ切ない。ソウジの食欲を出させるために、何か、食べさせられるものはないかと毎日足を運んで物色したから。
マグロの落とし、アジの干物、今を盛りのカツオのタタキ。みんなソウジの大好物ばかり。

ことに、アジの干物とカツオのタタキは、毎日のようにどちらかを用意していた。もう、買っていってもソウジは喜んでくれない。だけど、ソウジを荼毘に付した夜、「精進落とし」と称して、カツオを買っい、レイもクウカイも、みんなで食べた。精進なんてしてないけれど、せめてカツオをみんなで食べて、ソウジの供養にしようというわけだった。切ないけど、今だからカツオを買って食わないことにゃ、もうつらくてカツオなんて見たくもなくなりそうな気がした。

でもこれからも、ずっと思い出すんだろうなぁ。魚売り場を通るたびに。
これも、しょうがないか。

看取りを終えて

多頭飼い家族は、待ったなし。レイとクウカイは、それぞれ元気だし、これからこの子たちをソウジの命の分、長生きさせたいから、とりくまなきゃいけないこともたくさんある。まずは、やはりレイのご飯のことだ。それはまた、レイのカテゴリーで書いていこうと思う。

悲しみはそうそう簡単になくならないけれども、私は後悔をしていない分、気が楽だという気がする。
幸いにも、ソウジの側にずっといてやる時間が私にはあった。外で仕事をしていたわけでもなく、締め切りも抱えていなかった。ソウジの看病にかかる費用(まだ計算していないが、レイの闘病で10万円近かったので、それ以上だろう)も、なんとか捻出してやることはできた。

動物を飼うということは、自分の命を削って与えること

いつか、獣医師広報版というサイトの記事(だったと思う)で読んだ言葉だ。
まさに、そうに違いない、と思う。

だけど、どれだけの飼い主が、本当にこれを実践できるだろうか。
私も、これが本当にできているとは、もちろん思ってもいない。努力目標だ。
ただ、命が尽きるまで、自分で可能だと思えることを迷わずやることができた。そんな自己満足だけはある。ソウジは苦しまずに逝けたと信じるし、それでよかった、ソウジにも、ちゃんと通じていたはずだ、と思うようにしている。

誰だって、できることには限りがあるのだから。

このページに、FIV,Felv、猫エイズ、猫白血病、猫の介護なんていう言葉で検索した末にたどり着く人も、あるいはいるかと思う。私も、そうだったから。他の人の、猫を介護するブログやサイトの記事で、たくさんの生の情報を得た。そして、本当に助かったし、心の支えにもなった。ただ、「今、看取りました」という生々しい記事には、見知らぬ通りがかりがいきなり「うちも死にかけてて」と書き込みはしにくいし、そうじゃない記事は、3年5年たってて「いまさら質問するのもなんだしな~」でもあった。


でも、もし同じような立場の方が、この一連の記事を読まれたら。
そしてもし、私に聞きたいことや、言いたいことや、いろんなことがあったら。
すぐであろうと、何年も何年も後であろうと。
いつでも、遠慮なくコメントとして書き込んでほしい。
ネチケットに則ってのコメントであるかぎり、できうる限り、お答えしたいと思う。


それが、私ができるお礼のひとつだと思っている。

ありがとうございました。
ソウジの記事は、一応ここまでにさせていただき、「元ノラにゃんこソウジ」は連載終了にします。
月並みな文句ですが、ソウジの思い出は、みなさんの心の中にも生きてます。
これから書く記事の中にも、またソウジは出てくると思います。
そのときは、よろしくね。

写真は、ソウジの写真で私が一番気に入ってるものを、加工しました。

関連記事

*Comment

偶然webページを拝見しました。
私の猫ももうすぐ旅立ちのときです。
やせ細って、強制給餌や点滴の苦労など・・・
同じような思いをした方の経験を見ると少し勇気付けられます。ありがとうございました。
  • posted by お名前がありません
  • URL
  • 2011.11/12 03:22分
  • [Edit]

はじめまして。
14歳♂、慢性腎不全で闘病中の猫の母です。
強制給餌で検索して偶然たどり着きました。
私も近い将来辿るであろう道を、どんなふうに過ごさせれば良いか模索中でした。

こちらを読ませていただいて、改めて、私なりに色々考える事ができました。
私にできることは、まだ沢山ある事にも気づきました。
残された時間がどれくらいあるかわかりませんが、彼の心の声が聞けるように努力します。

この文章を記して下さった主様、ソウジちゃんに心から感謝します。
ありがとうございました。

  • posted by お名前がありません
  • URL
  • 2012.11/10 11:14分
  • [Edit]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
その子の心の声を聞こうと努めてくださるお母さんであれば…
何も心配いらないと思います^^

14歳、我が家のレイちんも同い年、腎不全です。
最後の瞬間まで、よい猫生でありますように。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2012.11/13 12:46分
  • [Edit]

No title

ソウジ君の事をずっと読み 泣けて泣けて仕方ありません。私は犬を初めて飼い始めました
現在9か月ですトイプードルですが 独身で子供が私にいなくて淋しくて70歳になる両親と飼い始めましたが 今からこの子が死んだら耐え切れないと思って生活しています いなくなる悲しみを思うと、飼わなかった方が良かったのか とか 死んでしまう時を思っただけでも涙が出てしまって…トイレに行く時も どこに行く時も私から離れず、留守番も鳴いて出来ないので
いつも一緒におでかけをして 母か私かのどちらかが お店で買い物をして私か母かが車で
犬と一緒に居ます。私が少しでもいなくなって帰ってくると もう凄い顔中 舐めまくって大変です だから この子が亡くなってしまう時がきても 一緒に居たいのです
私はこの子が死んだら この姿のまま(フリーズドライという) 一緒に居られる技術があるのを偶然みつけたのですが
http://www9.plala.or.jp/surugahakusei/gallery_inuneko.html
ソウジ君は火葬にしてから心が落ち着いた という内容が書いてあったのですが
私は フリーズドライで このままの姿で私と一緒に居させてやりたいし 私も居たいのですがすみません 教えて下さいm(__)m 余計に悲しいのでしょうか でも 死んでしまっても ずっと一緒に居たいのですが どう思われますでしょうか?
すみませんm(__)m お暇な時でいいので 教えて下さいm(__)m 宜しくお願い致しますm(__)m

ゆきこさんへ

ゆきこさん

はじめまして、コメントをありがとうございます。
大切な相棒となる子を、みつけたのですね。
きっと、そのトイプーちゃんが、かわいくてかわいくて、目に入れても痛くない、本当に片時も離れていたくない、それぐらい愛していらっしゃるのでしょうね。
その愛情の深さは、本当に素晴らしいと思います。

ソウジが亡くなって、もう7年目を迎えました。
いまでも、ソウジはときどき、私のそばにいることを感じますよ。
触ることも、見ることも、声を聞くことも、もちろんできません。
でもね、寂しくは、ないですよ。

ソウジを思う時、私はとても幸せな気持ちになります。
愛情って、なくならないんだな、と思います。

いま、6頭の子に囲まれて生活していて、どの子もどの子も、本当に愛おしくて、どの子が1頭いなくなっても、立ち直るのは相当大変だろうな、って想像しますが…^^;;

ゆきこさんは、トイプーちゃんと暮らし始めて、ほんの数カ月だと思います。
これから、十数年、一緒に暮らしてみてください。
きっと、今、ゆきこさんがその子に抱いている「失ってしまう」不安感は、薄れていくと思いますよ。

その子がくれる愛情、ゆきこさんがその子に注ぐ愛情が、絆が、深まっていくにつれて、
あたたかで、確かな安心感に変っていくはずです。

ある意味、愛情とは、お互いに安心して見つめあえる、待ち合える関係が育つこと。
いつ失われるかという不安とは対極にあるもの、かもしれません。

(恋愛感情と、ちょっと似ていますね)

コメントを拝見して、おせっかいだけど、ちょっとだけ心配になりました。
トイプーちゃんを失ってしまう不安をいつもゆきこさんが抱えていると、トイプーちゃんも不安になっちゃわないかな? ママがいつかいなくなっちゃうのかな? って、思わせてないかな?

トイプーちゃんが、安心してお留守番ができないのは、もしかしたらゆきこさんが、トイプーちゃんからちょっとでも離れていることが不安だから、その不安感がトイプーちゃんに映ってるのかもしれません。犬って、そういうことがあるんですよ。

もちろん、連れて歩けるなら、どこへでも連れて歩いてあげればいいと私は思います。
好きなだけ、互いにそばにいてあげればいいと思います。
だれにも遠慮はいらないし、しつけがどうのこうのという話とは全く関係なく。

でも、もし、互いにちょっとでも離れていることが不安になってしまうなら…。

互いに、安心して、必ずそばにいるっていう信頼感に、変えてあげませんか?

不安になってる時間って、なんだかもったいない気がしません?

だって、その子はいま、全力で生きていて、全力の愛情をゆきこさんに注いでる。
ゆきこさんも、全力で愛してあげてる。

互いに愛し合って生きてることのすばらしさを、もっと楽しみましょうよ!

どんなにがんばっても、ワンコニャンコは、私たち人間より命が短いです。
逆に言えば、私たちは、責任を持ってその子の一生を見届けてあげられる。

目の前の子と、どんなお別れが待ってるかなんて、神様以外誰も知りません。
でも、私たちはその子と約束します。
「あなたを、絶対に一人ぼっちで死なせたりしないよ」っていう約束。

それが、人が動物たちに与えてあげられる、最高の贈り物だから。

もし、十数年後、愛する子とのお別れのときが来てしまったら…。
そのとき、その体を両手に抱いて、抱きしめて……そして、それから。
考えればいいんじゃないかしら。
その体を、永久に保存するか、天に帰してあげるかを。
そのときに、ゆきこさんがなさる選択は、誰にも、遠慮の要らないものじゃないかしらね。





  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2013.07/16 10:40分
  • [Edit]

No title

本当に本当にありがとうございますm(__)m 
読みながら涙が出て出て仕方ありませんm(__)m
本当によく判りました。とても優しい方で私の心を解放して下さるかもしれません。書いて下さったお返事を保存して 何度も読んでいきます。 
私は独身なので 両親や弟達が 絶対に百歳まで生きてほしい! と不安や心配からか
そればっかり祈っているのです だからそれと重なってしまって
犬を飼い始めたら愛情が深くなりすぎてしまって 
>ある意味、愛情とは、お互いに安心して見つめあえる、待ち合える関係が育つこと。
いつ失われるかという不安とは対極にあるもの、かもしれません。

愛情とは… いつ失われるかという不安とは対極にあるもの…
凄い深くて これが何となくでも私が 理解して心に刻まれれば 両親や弟達に対して愛情が
深すぎてしまってか 心配が深すぎてしまって早く死んだら絶対に嫌だ という不安につながって… 犬にもそう思っているので この言葉が私に判れば私も もっと気楽にいけるかもしれないです。

>目の前の子と、どんなお別れが待ってるかなんて、神様以外誰も知りません。
でも、私たちはその子と約束します。
「あなたを、絶対に一人ぼっちで死なせたりしないよ」っていう約束。
それが、人が動物たちに与えてあげられる、最高の贈り物だから。

あー本当だなー と思いましたm(__)m そうですね 本当に。判りました。

>もし、十数年後、愛する子とのお別れのときが来てしまったら…。
そのとき、その体を両手に抱いて、抱きしめて……そして、それから。
考えればいいんじゃないかしら。
その体を、永久に保存するか、天に帰してあげるかを。
そのときに、ゆきこさんがなさる選択は、誰にも、遠慮の要らないものじゃないかしらね。

ありがとうございます。 本当に優しいお心が伝わってきて もう泣けて泣けて…
嬉しいです。 本当にありがとうございます。
気持が楽になれました。

>不安になってる時間って、なんだかもったいない気がしません?

本当にそうですね。もっと 書いて下さった事を私の心に染み込ませます。
本当にどうもありがとうございました。
感謝一杯です。ありがとうございました。 感謝いたしますm(__)m m(__)m

>ゆきこさんへ

愛情って、足りなくても、たくさんありすぎても、しんどくなっちゃうものですね。
人間だから、ですね、これって。

「いつまでも、いっしょだよ」
「一人にしないからね」

って、心から約束しても、果たせないことだってある…。
でも、私たちは、心をこめて、約束する。

あとは、一日、一日、約束を果たせたことを喜びながら、
一瞬、一瞬を大切に、一緒にいられることをかみしめながら前に進む…。

結局、それしかないんだなぁ、って思います。
私ももっと、大切にしなきゃね、毎日を。

ゆきこさんが、愛するご家族と、愛するトイプーちゃんと、
心穏やかにこの先も過ごせますように。
お祈りしていますね。
  • posted by 亮子@クウカイママ
  • URL
  • 2013.07/18 22:50分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2013.07/19 10:04分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。