今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この子の新しい家族、大募集!


昨夜のこと。
テレビみてたら、なんだかかぼそ~~い仔猫の鳴き声がする。しかも、すぐそこで。
最初、レイちんがみょ~にかわいい声で鳴いてるのかと思ったら、ちがった。
庭へのガラス戸をあけたら、そこに居たのが、コイツだった。

ソウジ色のチビ猫が擦り寄ってきた。
親にはぐれたのか、誰かに捨てられたのか。。。どうみても生後2ヶ月にならない。
めちゃくちゃ可愛いが、クウカイもいる我が家では、仔猫を育てるのはムリだ。

「お母さんはどうしたの? おウチへおかえり」
そういって、人なつこい仔猫を庭におしやり、窓を閉めた。
しかし。お約束である。仔猫は、一晩中か細い声で鳴き続け、翌朝、窓を開けたらやっぱりそこにちんまり座っていて、お腹が空いて倒れそうになりながら、必死で部屋にあがってこようとしているのだった。

神様、ウチは犬猫の孤児院ではありませぬぅう!
私が「授けてください」と言ったのは人間の子なのです。
なんか勘違いしてませんか~~~!?


それとも、ソウジが虹の橋にデンついて、速攻で戻ってきたとでもいうのかぁああ!!

なにはともあれ、飢えている仔猫にソウジが食べ残していったa/d缶をあけて少しやってみる。離乳食代わりにしていいのかどうかわからないが、離乳してまもないだろう仔猫に食べさせられそうなものはこれしかない。

仔猫は、4分の1缶ほどを、ものすごい勢いで平らげた。4分の1缶といっても、仔猫の頭の半分ぐらいの体積はある。まだ欲しそうなので、さらにひと匙ぐらいやってみる。やっぱり平らげた。

どうやらノミがたかってるようなので、あまり触らないようにして、レイちんのケージを半分かりて書斎に据え、古物の猫トイレを物置から出してきて砂を入れてやる。このぐらいの大きさなら、自分でトイレは十分できるでしょう。

チビ猫は、しばらくするとお腹がくちくなったのか、ケージの中でまるくなり、そのうちヘソ天になってすやすや眠ってしまった。

かばええ~~~(涙)

仕方が無い。これだけかわいらしければ、里親さんもみつかるかもしれない。なんとか努力してみるか。

ということで、朝イチでチビ猫を去年クウカイを入れてきた小さなケージに入れ、H先生のところへ向かう。「あれ、レイちゃん、じゃないの?」「え~~~~~ちがうんですよ」
「あ~~れ~~~、ちっちゃいニャンコだぁああ!」看護師の二人が声をそろえる。


「あ~~っ! ソウちゃんそっくりだ!(爆)」

「そうなのよ~。性格もソウジそっくり。ずうずうしいぐらい人なつこくてよく鳴くのよ~」
「ソウちゃん、(帰ってくるのが)ずいぶん早かったね(爆)」
「やっぱり?(苦笑)。。。今はムリなんで、里親さん探そうと思って」
「みつかるといいねぇ~」
「とりあえず、ノミ、いますんで」
「はいわかりました」

体重、800グラム。
体温、37.8度。
推定、生後5~6週間。
少し痩せ気味。親も餌が採れずに苦労して、仔猫を見放してしまったか、または人為的に捨てられた可能性が大。必ずしも飼い猫の子ではないかもしれないという。
大きなノミがけっこういる。
お腹がぽんぽこりんなので、回虫も飼ってるかも。
だけど、めっぽう元気で、やっぱり人なつこい。看護師の二人にすっかり甘えている。

フロントラインスプレーをしてもらい、虫下しをゴックンと飲ませる。
ノミが落ちるまで預かってもらい、いったん帰って家のケージなどを消毒。
夕方に、離乳食代わりのi/d缶と、子猫用フードの試供品をたくさんもらって、連れて帰る。

いちばん怖い、猫伝染性腹膜炎などの兆候はなさそうだ。
すごく良く遊び、よく眠る。ゴロゴロ喉をならしっぱなしにして甘えてくる。
私の親指ぐらいしかない前足に、針みたいに細い爪、色鉛筆でちょこちょこっと塗ったような肉球。
しばらくして、トイレを上手に使って、下痢でも虫がいるでもない、立派なウンチをした。

写真は、遊びつかれてもう眠いのをがまんして、カメラ目線。

名前は、まだない。
つけずにいようと思う。

誰かもらってください!

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。