今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの円環2 大量発生


先日、蟷螂に食われて無残にも羽だけになっていた蝶は、立派に(?)仕事を果たしたあとであったことが判明した。

あのオレンジ色に黒の斑点のあざやかな羽を持つ蝶の名はツマグロヒョウモン。「ありし日の姿」は、こちら
http://www.insects.jp/kon-tyotumaguro.htm
とか、こちらなんか
http://homepage3.nifty.com/ueyama/shubetsu/tateha/tsumagu/tsuma.html
を参照。

なぜ名前が判明したか。それは、写真の幼虫の存在である。
この写真は、一匹で写したものである。
実は……庭のスミレの株を群生させた場所に……
うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃ

大量発生していたのだよ…

うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃ


みたところ終齢幼虫ぐらいのもの(長さで6~7センチはあるかな)が、10匹から15匹、そこに若齢幼虫が数知れず。蛹になったものもふくめて、庭全体でたぶん30匹をくだらないであろう数が、うごめいていた……

今年は、虫が多い。多いじゃすまない。どこもかしこも、大量発生だ。なんだか、

王蟲が怒ってるんだわ…

な感じがする。

この幼虫、すごそうな見かけのわりには、毒もない。もちろん攻撃なんぞしてこない。大挙して押し寄せてくるわけもない。だけど、スミレを全部食い尽くしてしまいかねなかったので、勝手ながらほとんどを火バサミで摘まんであの世に行ってもらってしまった。ただ、何匹かはそれでも「難を逃れて」いるはずなので、きっと来年もこの蝶は庭に来るだろう。

大量発生した幼虫は、大量の成虫になるかといえば、そうではない。昨年、農業研修に行った先でも、サツマイモに蛾の幼虫が大量発生していた。だけど、薬を撒いていないはずのその畑で、幼虫たちはなぜか次々に弱って死んでいた。庭の山椒の木に大量発生したアゲハチョウの幼虫も、同じように弱って死んでいっていた。

あまりにも大量に食害されると、植物は怒って虫にとっての有毒物質を自ら作り出す。シュウ酸やタンニンなど、人間には苦味物質として捉えられるようなものが多いらしい。そういう物質を代謝する能力がもともとない種類の虫は、これで弱らされてしまう。もしくは、食べなくなる。さらに、植物が食い尽くされると、多量の栄養を必要とする終齢幼虫は、食べなければいけない絶対量が足りずに栄養失調になり死んでしまう。限度を超えた大量発生は、大量死をひきおこすのだ。

自然界の、バランスをとろうとする努力は、かくもすさまじい。
参考にあげたサイトでも記してあるように、ツマグロヒョウモンは、温暖化によって越冬が容易になり、関東でも数を増やしているのだという。たしかに、去年まで、ウチの庭ではこの幼虫でスミレが全滅するとか、困ったことはなかったのに。

自然界の法則より前に、人間が手出しをしてしまったけれども、異変は確実に、静かに、そして不気味に進行しているのだなぁ、と感じている。

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。