今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キシリトール、犬には毒・メーカーの対応


昨日お伝えした、キシリトールが犬に毒性がある件ですが、今朝、くだんのオヤツを作ってるメーカーに、ちょこっと問い合わせしてみました。
どんな対応なのかな~という興味があって。
それと、今んとこクカはなんともないけど、やっぱり心配だものね。

仮にA社としておきます。


A社 女性社員「はい、A社○○(名前)でございます」
(お、ちゃんと名前を名乗る会社ですね)

私 「そちら、犬のオヤツとか売ってらっしゃいますよね?」
A社 女性社員「はい、オヤツや犬の洋服なども販売しておりますが」
私 「犬のオヤツの件で、お伺いしたいのですが」
A社 女性社員「あ! はい! 担当と代わります! 販売店様ですか?」
あ、たぶん対応を会社ですでに対策してるな~)

私 「いいえ、おたくの会社の製品を買ったものなんですけれども」
A社 女性社員「ありがとうございます。少々お待ちくださいませ」

A社 男性社員「お電話代わりました。お世話になっております」
(口調からして、主任クラスといったところかな?)

私  「そちらで、△△という犬用オヤツをつくってらっしゃると思うのですが、実は昨日、インターネットで、キシリトールは犬に毒だ、という情報を見まして。一応、アメリカ獣医学協会のサイトにも行ってみたんですが、心配なので、そちらの製品に、どれぐらいキシリトールが含まれているか、教えていただけませんか」
A社 男性社員「あっ、はい、そうですか。少々お待ちいただけますか」
(けっこう緊張した口調。 やや間があって)


A社 男性社員「え~っと、キシリトールキシリトール……
(紙をめくる音が数秒つづく)お時間をいただいております!……(私もドキドキしてくる)はい、キシリトールは牛皮100グラムに対して、1.5グラムです」
私 「えっ! かなり入っていますね。
(本当にビックリした)この今手元にある製品、100グラム入りなんですが、それに1,5グラム入っているということでうすか?
A社 男性社員「そうです。100グラム入りで販売してますから、どれも一袋1,5グラム入っていることになります」
私 「体重10キログラムの犬が、1グラム食べてしまうと、危険だということなのですが…」
A社 男性社員「今、いろんな説が飛び交っていて、私どもとしても、はっきりどうこう、と申し上げられない段階なんです。ご心配でしたら、すぐに製品をあげるのをやめていただいて、こちらに返送していただけませんか。ご返金させていただきます」
(おお、守りに入ってますが、悪くはない対応ですね)

私 「わかりました。もし、何かあったときに獣医さんに話さなければならないので、残りはしばらく手元に置いておきます」
A社 男性社員「今のところ、こちらには何かあったという報告もないんですが、何かありましたか?」
私 「いいえ、そういうことではないんですが、心配だったので。何かあった場合は、どうしたらいいんですか?」
A社 男性社員「こちらとしても、まだなんとも申し上げられないのですが、とにかく、すぐに、あげるのはやめていただけたらと思いますので。製品は返送してください。一応、お名前教えていただけますか?」
(いいけど、ご自分が先に名乗ってほしいですね)

私 「××(本名)と申します。そちらは?」
A社 男性社員「■■です。どこでお買い求めになりました? お住まいはどちらですか」
私「千葉県です。店は、◎◎ホームセンターです」
A社 「はい、わかりました。本当に、すぐ返送いただければ、ご返金しますので。」
私「はい、わかりました」
(電話、切。)

全体的には、「何かあったらどうしよう、責任問われたらどうしよう」って思って対応しているな、というのがよくわかりました。だけど、このA社、言われたら返金するけど、自主回収とかするつもりは、あまりなさそうな気がしました。しばらく、近くのホームセンターとかの動向も見守って見ます。

実は、よっぽど「犬が具合悪くなったんですが」って電話しようかと思っていたんですが、私、ネが正直なんで、そういうコトができません(苦笑)。こんなんじゃ、詰めが甘いかな~?

まぁでも、私、この電話してみてよかったと思ってます。飼い主の自衛策がほの見えてきました。
こんな風にしてみたらどうかな、と思います。



キシリトール入りオヤツを買ってあったら、犬にあげるのは絶対にもうやめる。

ただし、その製品すぐには捨てず、メーカーに電話して、キシリトールの濃度を聞き、先方の担当者と、どんな対応だったかを確認しておく。

電話のメモを、製品に貼り付け、まちがって家族が犬にやったりしないように、全員に注意をうながす。

万が一、なにかあったら、製品とメモを持って、獣医さんに飛んでいく。

メーカーにクレームをつけるかどうか、獣医さんと話し合う。



アメリカでは、すでに二年ぐらい前から、この件が問題になっていたらしく、人間用のキシリトール入りオヤツの注意書きに「ペットの手の届かないところに置いてください」と明記するメーカーもあるとか。

そうだよ!


人間用キシリトール入りオヤツ
犬にはとても危険!!
濃度が、とても高いです。
万が一誤食したら、
すぐ獣医さんに相談しよう!


思うに、やっぱりわが子を守るのは、親の役目、なんですよね。
チョコレートの危険性だって、言われているの近年だと思うし……。
ブドウやレーズンが犬に毒だって話、しらない人もけっこういるし。
葱やタマネギ入り味噌汁、平気で犬に食わせちゃう人、まだいるし(T▽T)

あまり神経質になるのもどうかな、と思うことはあるけれど(即死はしないから)
やっぱり、知っておくこと、考えることは大切だよな~とシミジミ思うのです。

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。