今日もわんにゃん日和

FB連動のため本名で記載しております。コメント欄は開けません。また、相互リンクも現在お受けしておりません。ご意見、ご希望などは、メールフォームから、【本名ご記載の上】お願いいたします^^ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬・愛猫の治療に飼い主が参加する!

とにかく、クウカイの腰の辺りをあたためてやること、という課題が出る。
方法としては、タオルに使い捨てカイロを貼り付け、それを腰の辺りに巻いて寝かしてやるというもの。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/36/76/ryokoshizaki/folder/1412121/img_1412121_43544131_3?2006-11-02

なんだか、過保護に見えるでしょ(笑)
だけど、クウカイ、気持ちよさそうにしてるんですよね。
犬って暑がりだと思ってたのだけれど、やっぱり冷えってあるのかもしれない。

思えば、クウカイが股関節を傷めた日も、その前後が雨で肌寒い日ばかりだった。
それまで暖かかったのに、急激に気温が下がっていた。
そういうことも、やはり、捻挫や脱臼の発症にはかかわるのだと、S先生は言っていた。

治療が終わり、私は先生に、犬のツボ図みたいなもの、ありますか?と尋ねたら、こんなのを見せてくれた。すごく、芸術的な犬のツボ(経絡)図。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/36/76/ryokoshizaki/folder/1412121/img_1412121_43544131_0?2006-11-02
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/36/76/ryokoshizaki/folder/1412121/img_1412121_43544131_1?2006-11-02

これは、先生が学会で行ったベルギーで手に入れたものだそうで、中身は英語!
全身のツボが、経絡ごとに、英字と数字の組み合わせで表記されている。
なんと、経絡なんていうものは、中獣医学のものかと思ってたら、すでに国際化して、世界統一基準がきちんとできあがっているんだそうだ!! 東洋だけのものでなくて、アメリカでもヨーロッパでも、犬(や猫も)の鍼灸は、治療の一貫として、広く取り入れられているのだそうだ。

「実はね、日本がいちばん、遅れているのよ」

先生はそういって苦笑した。そうなのか! へぇ!!

私は、これまで知らなかった東洋医学系、ホリスティック系の獣医学について、もっと知りたくなった。そこでS先生に、素人でも勉強できる、教科書はないか、聞いてみた。

そうしたら、見せてくれたのが、これ。その場で見て面白そうだったので、すぐに注文した。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/36/76/ryokoshizaki/folder/1412121/img_1412121_43544131_2?2006-11-02

『犬と猫のための自然療法』
ダイアン・スタイン著 鈴木宏子訳 
フレグランスジャーナル社 平成13年

なんと、犬や猫とのコミュニケーションから、栄養学、ハーブやホメオパシー、鍼灸、マッサージなどなど、かなり広い分野が網羅されている。しかも、西洋医学的な解剖学なども、たくさんの図入りで説明されている。これで4200円は、絶対お買い得な本だと私は思う。

S先生は、これを見せてくれながら、こういった。

「東洋医学やホリスティックの良いところは、人間であれば自分が自分自身の医者になれること。獣医学でいえば、医療に飼い主さん自身が、勉強して参加することができることなんです。自分で自分の愛犬や猫を治してあげることが、ある程度できるんんです。鍼灸だけは専門家でないとできませんが、経絡を覚えれば、飼い主さんが指圧やマッサージをしてあげることもできる。栄養学的にアプローチすることだってできるんですよ」
関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

中村 麻衣(亮子@クウカイママ)

Author:中村 麻衣(亮子@クウカイママ)
【私】
ピーナッツ県在住
愛玩動物飼養管理士1級
J-HANBSインストラクター
4ワン1ニャンの母
地域の犬猫ボランティア
本業・医療を専攻するライター

もう我が家に犬猫は増やせませんともさ!!

【レイ】
MIX猫去勢♂ 
1998年生まれ
民間保護施設より譲受
白黒の変顔じいちゃん
2015年2月11日卒去

【めめ】
MIX猫避妊♀
推定2004年生まれ
近所の公園で保護
究極のお膝にゃんこ
FilVプラス
2014年3月29日卒去

【クウカイ】
MIX犬去勢♂
2005年生まれ
香川県高松市で保護
くちょ真面目むぱぞう
9歳でクリッカードッグとしてデビュー
たまにAAEのわんこ先生を務める。

【麟】
柴犬去勢済み♂
推定2006年生まれ
近所の公園で保護
趣味・おとしゃんを齧ること
クリッカー柴の道を驀進中。


【キララ】
MIXメス 2004年生まれ。
もと福島の被災犬
面倒見がよく物見高いお嬢様
セラピードッグ、AAEの
わんこ先生として活動していたが引退。

【ゴンザレス・チャーシュー】
MIX猫オス 年齢不詳
茶トラの中の茶トラ
特技はジャイアン系熱唱。
福島は新地町で保護される。
オスなのに乳腺腫瘍発症。
良性だったけどFIV+だし、
ウチの子決定。現在8.1キロ。

【サチコさん】
白柴系ミックス犬、推定15歳超
(2015年6月18日現在)
ゆえあって元主が飼育を放棄したため
我が家へ。亮子は介護者認定。
得意技は「5歳若かったらただじゃおかない」ムキ顔。


【おとしゃん】
いろいろと忍耐づよき配偶者。
寛容だが犬扱いは依然へたくそ。
もともと猫の人。
脊髄反射でしゃべる。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新記事

Adopt Me!!!

新しく家族を迎えるなら… 生体販売のペットショップは 要りません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。